SAKKO in LA part1

2017.04.19

Hi!Good Morning!

本日は、アメリカ帰りの藤井がLA出張の様子をお届けいたします!
4泊6日の渡航で、ビルウォールレザーのミーティング・ビルウォールレザーの撮影・コーチェラフェスに挑みました!

おおまかにその3編に分けてお届けさせていただきます!長そうですがどうぞお付き合い下さい。笑

そもそも!ビルウォールレザーとは??
マリブ発祥のシルバージュエリーブランドです!
私のゴツい手で申し訳ないですが(苦笑)、着用しているパームツリー&波のリング、太陽のリングがビルウォールレザーのものです!!

マリブの自然を感じさせるデザインのものほど、アメリカでの着用が良く似合う!!!!笑

デザイナーのウィリアム・クラーグ・ウォール 通称ビルとBEAMSがミーティングを繰り返し行い、世界で唯一のデザインをユニセックスラインとしてBEAMSのみで販売しています♪

男っぽい大胆なデザインながらも意外とデイリーに使いやすく、使えば使うほど愛着が湧いてきていまでは藤井の腕はビルウォールレザーだらけです。笑


今回、はじめてビルの工房にお邪魔し、ミーティングに参加しました!!
こちら外観です!


いざ工房の中へ・・!

ジュエリーパーツがズラリ!(あ、BEAMSのショップ袋発見!!笑)

さらに2階にはプレスルームがあり、過去の作品を見ることが出来ました!

ビルウォールレザーとブランド名にも入っているとおり、ジュエリーだけでなくレザーも製作しています!
過去にビルがレザーライダースを着用している時にバイク事故に遭い、性能機能面を良くしたいという想いからレザーアイテムを作り始めた歴史があります。

工房見学させていただきつつ、来季の新作商品に向けてなど、打ち合わせに参加させていただきました!!

私が聞いた中でびっくりエピソードは労働時間!
お弟子さんも数名いらっしゃるのでそれぞれの得意分野に特化して作業分担しているそうですが、ビルは作業を伝授したり確認したりでなかなか自分の時間が確保出来ないから、1日12~14時間位働いているとのこと。。(その代わり週休3日!)

時間をかけて、作業工程にこだわりぬいたジュエリー製作だからこそ、作品1点1点に思い入れがあって、
「これ作るの大変だったよ~」と振り返ったりもしてました。

自分が普段身につけてるジュエリーの作り手の思いを直に聞くことができて、より愛着が湧いた藤井でした!

最後にビルと記念写真♪


次回は、ビルウォールレザーのアイテムの撮影を行ったのでその様子をお届けいたします!


それでは!さっこ