The Nishiguchialist vol.109

2017.07.06

こんにちは、安武です。



絶賛秋冬カタログを作成中なので、気分はもう秋冬。

なのですが、8月までに西口や高田の夏スタイルをしっかり紹介し終えなければならないので、頑張って更新しますね。

PITTI UOMO 92 1日目の西口です。


Jacket:CANTARELLI(カンタレリ)

Shirts:GITMAN VINTAGE(ギットマン ヴィンテージ)

Tie:CHARLES HILL(チャールズ ヒル)

Pants:RALPH LAUREN(ラルフ ローレン)

Hat:BORSALINO(ボルサリーノ)

Bag:Harrods(ハロッズ)

Shoes:JOHN LOBB(ジョン ロブ)



金ボタンのネイビーブレザーに身を包んだ西口です。

CANTARELLIのジャケットは5年以上前のもの。

ボタンは自ら金ボタンに変更しています。

スリーパッチと言うのも新鮮ですね。

今、西口自らデッドストックの金ボタンや、真鍮一枚のどっしりとした金ボタンを仕込んでいるようです。

来月には店頭に並ぶかも?

とのことなので、乞うご期待。


金ボタンに合わせて、カラーバーやサングラス、時計、クラッチバッグの金具に至るまで、すべてゴールドで統一。

こういった所に、並々ならぬ西口のこだわりが垣間見れます。


そして本人曰く、今回のスタイルについては、


「ブリティッシュアメリカンの原点をイメージしました。

股上がすごく深くて、すそ幅20センチのプリーツパンツがポイントかな

とのこと。

確かに、以前のスタイルに比べるとかなりボリュームのあるシルエットです。

深い股上というのもとても新鮮です。


”クラシック回帰”というキーワードをまさに体現する男、Shuhei Nishiguchi。

次回は2日目のコーディネートをご紹介しますね。



安武