The Nishiguchialist vol.110

2017.07.29

こんにちは、安武です。



夏の重ね着スタイルの決定版をお届けします。


暑そ〜


なんて思わないで。湿気がない分、日陰に入るとかなり涼しいんです。

と言っても汗だくですけどね。

Blouson:MMMMM(エムゴ)

Jacket:THE GIGI(ザ・ジジ)

Gilet:RALPH LAUREN(ラルフ ローレン)

Shirts:GITMAN VINTAGE(ギットマン ヴィンテージ)

Tie:GIERRE(ジエレ)

Pants:RALPH LAUREN(ラルフ ローレン)

Shoes:CROCKETT & JONES(クロケット&ジョーンズ)

Sunglasses:VINTAGE

Bag:FILSON(フィルソン)



ブルゾンやハンチング、ジレを全てリネン素材で構成したコロニアルスタイル。

ブルゾンは15年以上前にBEAMSで展開していたブランドのもの。

新品で買って15年以上着ていると、リアルヴィンテージな雰囲気です。

ジャケットと合わせているのでショート丈に見えますが、実際はそんなにでもないです。



シャツ、ジレ、ジャケット、ブルゾン&タイドアップ。


これだけ聞くと、冬のスタイリングですよね笑

ただ、要所にリネンを素材を取り入れること、そして薄いベージュで統一することで見た目の涼しさを担保しています。



ハンチングは新しい提案ですね。

クラシック回帰の今、ハンチングやキャスケットなんかも新鮮に映ります。

ここでも注目したいのは、ゴールドの小物。

カラーピンをはじめ時計、指輪、バッグの金具に至るまで統一しています。


コロニアルスタイルには、スエードシューズ。

タッセルよりもコインローファーの方が気取っていないので、こいうったスタイルには合いますね。



安武