The Nishiguchialist vol.114

2017.10.26

こんにちは、安武です。



今日はスーツでビシッと決めた西口のスタイルをお届けします。

秋雨と台風の間、つかの間の晴れだったので、

気分が上がったんでしょう。


Suits...BEAMS F(ビームスF)

Shirts...LABORATORIO NAPOLETANO(ラボラトリオ ナポレターノ)

Tie...DRAKE'S(ドレイクス)

Shoes...NEW & LINGWOOD(ニューアンドリングウッド)



とある撮影時の西口のスーツスタイルです。

ネイビーのチョークストライプスーツをベースに、柄やディテールで今シーズンらしくアップデート。

では詳細を見て行きましょう。


スーツはFOX BROTHERSのフランネルチョークストライプ。

打ち込みのしっかりとした、英国ならではのフランネルです。

もうすぐ11月ですからね、フランネルを着ていても違和感はありません。(撮影当日の西口もこの服装で現れましたので!)


シャツはレギュラーカラーのロンドンストライプ、タイはヴィンテージ調のビッグパターンタイです。

フランネルチョークストライプの場合、生地も重く印象が強いので、それを調和させるためのVゾーンを作っていきます。

シャツはチョークストライプに負けない濃い色のストライプを持ってきます。

そしてタイもそれに負けない濃い色目のものを。

タイは無地でも成立しますが、無地の場合はウールやカシミアが良さそうですね。

無地の場合はよりネイビーの微妙な色目(青味が強いネイビーなのか、赤味のあるネイビーなのか、グレーっぽいネイビーなのか)が重要になります。

今回はFOXのフランネル、そしてクラシック回帰という流れを受けてのこのチョイスです。


クラシック回帰なので、アクセサリーもヴィンテージを。

(クラシック回帰の流れが無くても、西口の場合はアクセサリーはほとんどヴィンテージか!)


時計はGRUEN(グルーエン)の角型ヴィンテージです。

リングなどもゴールドに統一。ゴールドのアクセサリーって、さりげなくスタイルを格上げしてくれますよね。


そしてシューズはブラックの表革のフルブローグ。

「これ、EDWARD GREEN製やねん」

とのこと。

セミスクエアトゥが今見ると新鮮ですね。


「個人的にはここにセミブローグというのはありえなくて、フルブローグという所にこだわりを持っている」

とのこと。

FOXのフランネルチョークストライプなので、スーツの中でもスポーティという認識でしょう。

内羽根シューズで言うと、


クオーターブローグ→セミブローグ→フルブローグ


の順番でスポーティ度が高くなりますからね。

(細かいのは抜かしました)


いや〜、ここまでディテールに拘る所がドレスファッションの醍醐味!



安武