安っていいとも! vol.81

2018.01.18

こんにちは、安武です。



くどいかもしれませんが、当分PITTI UOMO 93ネタでいかせてもらいますよ。

まずは自分のコーディネートから。

今回は勝手に”ショート丈ブルゾンがトレンドだろ!”と思って、

ショート丈ブルゾンしかアウターは持ってきませんでした。

Blouson:BARBOUR(バブアー)

Suits:THE GIGI(ザ・ジジ)

Shirts:BAGUTTA(バグッタ)

Bag:ARTS & CRAFTS(アーツ&クラフツ)

Shoes:PARABOOT(パラブーツ)



1日目のスタイリングです。

ネイビーの色と素材のグラデーションでまとめました。

BARBOURはショート丈のSPEY JACKET(スペイジャケット)。

これはクラシックフィットのタイプなので、身幅や袖が太いです。

1サイズアップで購入したTHE GIGIのスーツには、このくらいたっぷりとしているシルエットの方が合うかなあと思い、

12月に「ビームス プラス 原宿」で購入しました。


ポイントは、ブルゾンとジャケットの着丈差。

スーツスタイルをよりスポーティに見せてくれるので、インナーはタイドアップせずにハイネックシャツを持ってきました。


個人的にダメ出しをすると...

ハイネックシャツのモードな雰囲気と、BARBOURの裏地のクラシックなチェックが合わないなあと...

裏地見せないつもりが、いつの間にかひっくり返って見えていました。


バッグは巾着タイプ。

クラッチを持ってこようか迷ったのですが、どこか”抜け”たスタイルの方が自分らしいかなあと。

足元は安定のPARABOOTのCHAMBORD(シャンボード)ですね。

サイズもこれでバッチリでした。

(サイズに関してのくだりは、過去ブログをご覧くださいね)


安武