cantate 18年春夏

2018.02.18

こんにちは、安武です。



少し前ですが、eclecticが始まったシーズンから取り扱っているcantate(カンタータ)の展示会へ行って来ました。


「日本のHERMESを目指している」


とデザイナーの松島さんが掲げる通り、一切妥協のないものづくりをしています。

日本の職人さんや生地を使って。


ただその分、お値段もそこそこしますが、使っていくほどに味の出る(単に古くなるだけではない)雰囲気は、ここの洋服ならではだと思っています。


代官山のとあるギャラリーを貸し切っての展示会。


余計な装飾は一切なし。

ものだけで勝負している感がビシビシと伝わってきます。


こちらはヘビーなウールを用いたコートやブルゾン。

手持ち感が洋服好きにはたまりません。



ニットは全て手編み。

一人の職人が一着を丸々編んでいくので、労力と時間の掛け方が半端じゃありません。



僕も去年購入し、イタリア出張の際も大活躍したデニム。

18年春夏からは少し太めのモデルもやってます。


どれも良くて、西口と二人で盛り上がりすぎてしまいました。


これからのヴィンテージになりうるものたち。

春夏ものは既に店頭に入荷していますので、是非手に取ってご覧になってみて下さい。

きっと作り手の気持ちがビシビシと伝わってくるはずです。



安武