安っていいとも! vol.83(TAIPEI SUIT WALK編)

2018.03.29

こんにちは、安武です。



遊んでるブログばっかり上げているのも気が引けるので、久しぶりに自分のスタイリングを紹介です。

今月頭に行った台北での一コマ。

この日はSUIT WALK当日だったので、もちろんスーツでバシッとキメてきましたよ。


Suits:THE GIGI(ザ・ジジ)

Shirts:BOLZONELLA(ボルゾネッラ)

Tie:HOLLIDAY & BROWN(ホリデー&ブラウン)

Chief:FRANCO BASSI(フランコ バッシ)

Shoes:GEORGE CLEVERLY(ジョージ クレバリー)



この日の為に購入したと言っても過言ではない、THE GIGIのピークドラペルスーツ。

ダークブラウンのスーツは、BEAMSに入社してから3着目(4着だったかな?)。

この色目、昔から好きなんですよね。


シャツはオックスのタブカラー。アメリカな要素を足しているので、タイもアメリカンヴィンテージ調のプリントタイにしました。

もう少し大柄のタイにしようか迷ったのですが、僕のように小柄な人はあまりに大柄だとタイだけ浮いて見えてしまいます。

なので、間隔は開きつつも小柄のプリントにしました。

色が強いかな〜と思いましたが、意外と馴染みましたね。

ピークドラペルスーツをコーディネートする場合、適度にクラシックかつフォーマルな印象になるので、トラッド系のレジメンタルタイは避けた方が良いかと。(中村が言っていました。)


そして、シューズは10年選手のGEORGE CLEVERLEYのフルブローグ。

ブローギングが繊細な所が気に入っていましたが、内羽根だしどう見てもスーツ用。

ここ最近スーツで出勤する事が少なかったので、かなりの期間眠っていました。

それをこの機会に引っ張り出して履きましたよ。


たまにタイドアップや本格的なドレスシューズを履くと気分が上がりますね。

これからは定期的にスーツをタイドアップして着ていこうっと。



安武