The Nishiguchialist vol.5

2016.07.01

こんにちは、安武です。

  

「本家に登場したら、ニシグチアリストせんでもええやろ!笑」

と西口から言われましたが、

やめるわけにはいきません!

 

だって、PV数取れるんだもん笑

 

さて、"The Nishiguchialist(ザ ニシグチアリスト)"はじめましょう。

iphone_photo_iphone_photo_

Jacket:<LARDINI(ラルディーニ)>

Shirts:<CIT LUXUARY(チット ラグジュアリー)>

Gilet:<BEAMS PLUS(ビームス プラス)>

Pants:<PT01(ピーティーゼロウーノ)>

Shoes:<CROCKETT & JONES(クロケット&ジョーンズ)>

Chief:<EMME TE.ENNE(エンメ テ エンネ)>

 

2ポーズの中から選びきれなかったので、

2つとも載せました。

iphone_photo_ 

トレンドであるサマーツイード素材のジャケットに合わせたのは、

同じく暖色系のチェックシャツ。

オレンジのペーンをさりげなく拾っています。

チーフとシャツの柄を変えているのもポイント。

 

サマーツイードって難しく思われがちですが、合わせてみるとそんな事ないんです。

そして、暑そうに見えますが、意外と繊維と繊維の間が詰まっておらず、

風を通すんですよ。

iphone_photo_

インナーに合わせたニットジレは、なんと<BEAMS PLUS(ビームス プラス)>。

過去のものですが、こんなのもやっていたんです。

ベルトを表革にして、素材感にメリハリを付けています。

iphone_photo_iphone_photo_

足元は、ディアスキンのタッセルスリッポン。

ダークブラウンではなく、このミディアムブラウンにする事で、

重くならない足元を演出しますね。

  

安武