The Nishiguchialist vol.26

2016.07.01

こんにちは、安武です。

 
 
新年一回目の”The Nishiguchialist(ザ ニシグチアリスト)”です。
得意のベージュ〜ブラウンのグラデーションでこなした、
カジュアルタイドアップスタイルです。
 
f1184a91a78605255e0118baaf1dc01c57df067a.jpg

Blouson:<International Gallery BEAMS(インターナショナルギャラリー ビームス)>

 
Shirts:<ASTER(アスター)>
Gilet:<USED>

Tie:<GIERRE(ジエレ)>

Pants:<GTA(ジーティーアー)>

Glove:<MAZZOLENI(マッツォレーニ)>

Sunglass:<PERSOL(ペルソール)>

Shoes:<BEAMS PLUS(ビームス プラス)>

Socks:<RALPH LAUREN(ラルフ ローレン)>

 
 
 
この日は上品にまとめたカジュアルタイドアップスタイルです。
ブルゾンは、実はかなり以前の<International Gallery BEAMS>のアイテム。
サファリジャケットがベースになっていますが、タイトなシルエットです。
このような定番的アイテムを現代的に見せる秘訣は、
全体的にスリムなシルエットでまとめ、
シャンブレーシャツやジレといったトレンドアイテムを混ぜる事。
fb4f0731c30b6ab2af9f426ef4df2f183774276d.jpg
差し色を用いず、ワントーンでまとめるのもポイントですね。
胸にはアクセント的に、折りたたみサングラスとグローブを挿しています。
スエードのジャケットの場合は、グローブは表革が良いでしょう。
表革でも、表面感が特徴のペッカリーだと、よりスエードに合いますね。
0c7269de10f6726d786a35ad8a5e6e63c05a02ab.jpg
定番のダーティバックスには、ジャカードソックスをさりげなく合わせています。
 
 
 

安武