YASUTAKE AT HOME vol.5

2016.09.05

こんにちは、安武です。



〜この連載は、僕がマイホーム”YASUTAKE AT HOME”を手に入れる過程を追ったものである〜



渋谷区、目黒区、港区の物件はくまなくチェックし終わり、新たな物件も週に数件しか出てこない状況だ。

そこで、新宿区まで広げることにした。

新宿区となると、「住む所なんてあるの?」といった感じだが、

新宿御苑前や早稲田、神楽坂、曙橋、落合等といったところにマンションも多く、住むところもたくさんある。


ただ、なんだろう。新宿というと繁華街のイメージが強いからか、新宿区の物件になると急に値段が下がっている。


渋谷区や港区の物件と比較すると、築年数や駅徒歩、平米数など同じくらいの条件で、300〜500万円程度安い。

ということで、新宿区も候補に入れ、探し始めた。


...


新宿区でも新宿や大久保といった歓楽街から近い物件はイメージが湧かなかったので、

御苑前や神楽坂の物件を中心に探した。


そこで出てきたのが、この物件だ。


iphone_photo_(ラクガキしちゃってるけど...)
iphone_photo_
築40年弱のマンション。平米数は壁芯で61平米。

想定していたよりも少しだけ広い!


そして、こんな特典も。

iphone_photo_1階ならではの特典、専用庭!

ここにウッドデッキとか張って、友人たちとワイワイしたり、庭で植物育てたり出来るんじゃないの〜!

とテンション上がる僕。


僕、生まれてこのかたマンションしか住んだことがなく、庭というものに憧れてまして。



これまたもう一個良い点が。

iphone_photo_(プライバシーなので駅名は隠しましたが)

駅徒歩3分の好立地。


やべ〜、しかもリノベーション前提でも想定内の値段だし。

これはすぐに内見するしかない!


ということで早速不動産屋に連絡し、週末見に行くことに。



vol.6に続く...




安武