華麗なる”TAKA”ビー vol.22

2016.08.01

こんにちは、安武です。

  

たまに待ち時間などで行うのが、画像の整理。

過去のいらない画像を消そうとアルバムを遡っていると出てきました。

約1ヶ月前の商品説明会の時の画像です。

 

本日の”華麗なる”TAKA”ビー”は・・・

iphone_photo_

Jacket:<CIRCOLO 1911(チルコロ1911)>

Gilet:<GIANNETTO(ジャンネット)

Shirts:<GIANNETTO(ジャンネット)>

Pants:<ENTRE AMIS(アントレ アミ)>

Shoes:<ALDEN(オールデン)>

  

ネイビー〜デニムブルーでまとめた、ワントーンコーディネートです。

ジャケットはインディゴ染めのジャージ素材。

ジレはシャンブレーにプリントが施されています。

iphone_photo_素材感と色目を少しずつズラすのが、ポイントです。

ジャケットのボタンはメタルボタン。

全体を濃い色目で統一する場合は、メタルボタンだとバランスが取れます。

白蝶貝のボタンだと、ボタンだけ軽くなってしまいます。

白蝶貝のボタンにはホワイトパンツなどの薄い色目のコーディネートがよく合います。

iphone_photo_iphone_photo_ダメージデニムも、16年春夏につながるトレンドです。

15年秋冬は、高田着用のコレとは若干仕様の異なるダメージデニムを<ENTRE AMIS>で展開します。

が、既にかなりの予約が入ってしまっており、店頭に並ばないかも...

iphone_photo_iphone_photo_

PITTI UOMOでは表革のシューズを履いている人が、かなり増えています。

その他に多いのが、”コンビネーションシューズ”。

しかも、<CHURCH'S>のシャンガイを履いている人が何故か急増。

それに似たシューズも、シューズブランドから提案されています。

 

BEAMSでも3ブランド、7型で”コンビネーションシューズ”を展開します。

そちらもお楽しみに!

  

安武