The Nishiguchialist vol.95

2017.01.19

こんにちは、安武です。



PITTI UOMO 91、1日目のコーディネートです。

西口はアウターを4着、シューズを3足、ハットを2つ、その他諸々で今回の出張に臨んでいるのですが、

スーツケース1つで収めているとのこと。

1コーディネート分は、万が一のロストバゲッジに備えて機内持ち込みするみたいです。


ではいきましょう!


Coat:BELVEST(ベルヴェスト)

Suits:LARDINI(ラルディーニ)

Shirts:GITMAN VINTAGE(ギットマン ヴィンテージ)

Tie:ETRO(エトロ)

Hat:Borsalino(ボルサリーノ)

Shoes:ENZO BONAFE(エンツォ ボナフェ)



今シーズン欠かせない、ロング丈のコートを着用したスタイルです。

(厳密に言うと肩掛けだから着用じゃないか?)

コートは今シーズンもの、その他は過去のシーズンのものになります。

どういったコーディネートをすれば今年らしく装えるか?

そのヒントを見ていきましょう。

シャツとタイはヴィンテージ。

まずシャツのこなしです。ボタンダウンシャツの衿先ボタンを外し、カラーバーをしています。

そしてタイはヴィンテージ調。(というかリアルヴィンテージか。)


レトロな雰囲気を醸し出しつつも、小さくまとめたVゾーンなどが今年らしいですね。

そして何といってもロング丈、ラグランスリーブのコートと、ハッとで今年らしく。

スーツのシルエットはここ数シーズン変わっていないので、全然大丈夫ですね。

(パンツはお直しでプリーツを入れ直してますが。)


シューズはエレガントなラストが特徴のショートブーツ。

ブーツですが、このような美麗なラストであればスーツとの相性が良いです。


ハットの曲げ方、これがキモですね。

Borsalinoのロゴの方を少しだけ曲げる。

所謂ムッソリーニスタイルです。


こういった細かい所に気をつけるだけで今年らしくなります。

このスタイル、かなりスナップされてたな〜。



安武