安っていいとも vol.26

2016.09.02

こんにちは、安武です。




最近では珍しくハイブランドを着たので、雨にも関わらず撮影しました。

ただ、夕方だったからかな?

ちょっと光の当たり方が悪くて、全身だとどんな洋服着ているかわかりませんが・・・

コートはかろうじてわかるかな?

iphone_photo_Coat:<VALENTINO(ヴァレンチノ)>

Polo-Shirts:<JOHN SMEDLEY(ジョン スメドレー)>

Pants:<INCOTEX(インコテックス)>

Shoes:<PARABOOT(パラブーツ)>




<VALENTINO>というブランドは、Tシャツは持っていますが、コートを着るのは初。

実はインポートブランドのものって、日本に入ってくるサイズが46からだったりするので、

僕では大きくて着れないケースが多いんです。

ただ、このコートは少し小さめに作られているのか小柄な僕でもぴったり。

丈もギリギリ膝上。

袖丈はもちろん詰めましたけどね。

iphone_photo_
何と言ってもこの大胆な切り替えが特徴です。
左右対称の直線的切り替え。そして配色がまさに秀逸。
こんなに大胆な切り替えなのに、良い意味で普通に着れる。
大人が着ても違和感のない、そんなコートです。
(僕は決してまだ大人になりきれてませんが・・・)

iphone_photo_フロントは釦ではなく、大きめのジップ。
スポーティな要素を取り入れたのだと思います。これがまた正解。

リブ付きのスエットパンツやウエストがドローコードになったスラックスと合わせても違和感がなくなるんです。
僕は今回はウールパンツにしましたが、クリースやサイドステッチの入っていないもの。
腰回りの雰囲気だけスラックスで、腿から下はスエットのようにも見えます。

そして、2サイズアップで着ている<JOHN SMEDLEY>のポロ。
さすがに丈が長いのでリブ部分を折り返して着ています。
このゆったり具合が今シーズンは心地よい。
iphone_photo_
足元は雨だったので<PARABOOT>のシャンボード。
さすがにかなり味が出てきたな。
手入れしなきゃな。


安武