JACKY & JIL vol.10

2016.09.03

こんにちは、安武です。

 

15秋冬の<International Gallery BEAMS(インターナショナルギャラリー ビームス)>のテーマは、ズバリ”70's“!

そんなテーマを早くも具現化している人を見つけました。

 

さて、本日の“JACKY & JIL”は・・・

iphone_photo_iphone_photo_

G-Jacket:<WRANGLER(ラングラー)>

Shirts:<VAPORIZE(ヴェイパライズ)>

Pants:<G.B.S TROUSERS(ジービーエス トラウザーズ)>

Shoes:<ROBERT CLERGERIE(ロベール クレジュリー)>

Scarf:<MELINDAGLOSS(メリンダグロス)>

 

このGジャンは60年代前半のヴィンテージです。

パンツも黒っぽく見えますがネイビー。

全身をブルー〜ネイビーでシックにまとめています。

 

スカーフは僕も愛用している<MELINDAGLOSS>。

シャツはウエスタンシャツのバンドカラーです。

iphone_photo_iphone_photo_

そしてこのパンツ。

よ〜く見るとウエスマンが切り替えになっていたり、素材がフラワー柄のジャカードだったりと、

一筋縄ではいきません。

 

ギミックに富んだデザインが、シンプルなスタイルに花を添えてくれます。

(花柄だけに!)

iphone_photo_iphone_photo_ 

“ビームスの美脚王”(自称)も惚れ込んだこのパンツ。

本当に綺麗なシルエットです。

 

「スリムなシルエットなので、あえてレングスは長めね。」

 

ファッショニスタは、ちょっとしたディテールで1歩先を行くんです。

   

安武