JACKY & JIL vol.15

2016.09.03

こんにちは、安武です。


いよいよ秋冬も中盤戦。

何か買わなきゃな〜なんてInternational Gallery BEAMSに立ち寄った所、ひと際目立つ人が。

と思ったらジャッキーでした。

今日のスタイルも面白いですよ〜




iphone_photo_Blouson:<USED>

Shirts:<MELINDAGLOSS(メリンダグロス)>

Pants:<JOHN LAURENCE SULLIVAN(ジョンローレンスサリバン)>

Shoes:<ROBERT CLEGERIE(ロベール クレジュリー)>



ブルゾンは下北沢の古着屋(新品も少し置いてる)VELVETにて購入した50'sのヴィンテージ。
実はここのお店、BEAMSのカジュアルカタログを作成してくれた編集プロダクションに所属していた方が始めたお店なんです。
雑誌編集の目でセレクトした商品は、他の普通の古着屋とは一線を画す品揃え。
iphone_photo_
「胸ポケットのフラップが丸いの、珍しいでしょ?
ここに惹かれて買ったんだよね」
とはジャッキー談。

iphone_photo_




そして、今回の主役は何と言ってもパンツでしょう。

フロントがインバーテッドプリーツ風になっている不思議なパンツ。

実はウィメンズの商品でした。

地下のフロアで購入したそう。

作りが気になったので、内側を見せてもらいました。

iphone_photo_両サイドが畳まれていて、センターのホックで留める仕様。
内側には織り込んだ部分の内側が落ちないよう、ボタンで留められていました。
それにしても面白いシルエットだな〜

メンズ、ウィメンズ関係なく商品を見るのはファッショニスタ特有かもしれませんね。
iphone_photo_

ワイドなパンツにシャープなシューズ!
まさに、PITTI的なトレンド(スリムパンツにボリュームのあるシューズ)とは真逆です!
iphone_photo_

やっぱり面白いジャッキースタイル。

毎日通って写真撮らせてもらうしかないな。



安武