華麗なる”TAKA”ビー vol.44

2017.01.22

こんにちは、安武です。



PITTI UOMO 91 1日目のスタイルです。

TAGLIATOREの商談後に撮影。

1日目はチケットを買ったり、色々と準備があるのでなかなか全員集合することがないんです。

なので、なんとか商談後に撮影することが出来ました。

Coat:Brilla per il gusto(ブリッラ ペル イル グスト)

Suits:Brilla per il gusto(ブリッラ ペル イル グスト)

Shirts:International Gallery BEAMS(インターナショナルギャラリー ビームス)

Hat:Borsalino(ボルサリーノ)

Bag:CISEI(シセイ)

Shoes:ALDEN(オールデン)



ラペル付きダブルジレをインナーに仕込んだ、サルトリアテイストのスタイリングです。

潔くホワイトシャツやブラックシューズでモノトーンの着こなし。

だけど一筋縄ではいかないのがこの男。

シャツはラウンドのタブカラー、コートは同じモノトーンでもホワイト&ブラックの千鳥格子にしてメリハリをつけています。

こういった千鳥格子のような”クラシックな英国柄のコート”は来秋冬のトレンドなので覚えておきましょう。


ハットのこなし方は西口と同じで、”Borsalino”のロゴ側のブリムをクイッと曲げています。


パンツはもちろんプリーツ入りですね。

クラシックなスタイルにはプリーツ入りが合います。



寒波到来の極寒にも関わらず素足!


おしゃれは我慢。


とはまさに高田のためにある言葉なのでしょうか...!



安武