The Nishiguchialist vol.96

2017.01.24

こんにちは、安武です。



PITTI UOMO 91  2日目のスタイルです。

ジャケットスタイルにBARBOUR、これだけ聞くと最近のスタイル?


いえいえ!


取り入れ方が異なりますので、見ていきましょう。

Blouson:BARBOUR(バブアー)

Jacket:ALAIN(アラン)

Gilet:Bevilaqua(ベヴィラクア)

Scarf:ETRO(エトロ)

Pants:RALPH LAUREN(ラルフローレン)

Hat:Borsalino(ボルサリーノ)

Shoes:ALDEN(オールデン)



深いモスグリーンとネイビーでまとめたスタイルです。

ハットもグリーンなのですが、このように2色のみ、かつダークトーンでまとめるとグリーンという色目も浮いて見えません。

タイとスカーフはシルクプリントにし、BARBOURのラギット感を中和しています。

カラーバーもポイントですね。最近ハマっているようです。


巻かずにポケットに挿して、”添える”のもポイントですね。



そしてここがキモ!


ショート丈のBARBOUR”SPEY”です。

通常だとジャケットの着丈が隠れる”BEDALE”を持ってくる所ですが、

あえてジャケットの着丈と差をつけるべく、ショート丈の”SPEY”を持ってきています。

ジャケットスタイルがより軽快に見えますね。

ちなみにこの”SPEY”、BEAMSでは17年春夏に軽い素材で展開していますので、気になる方は↓のアイテム一覧をチェケラ!


大寒波が押し寄せたイタリア。

高田と異なり、西口は素足だと寒かったようです笑



安武


紹介アイテム