華麗なる”TAKA”ビー vol.48

2017.02.27

こんにちは、安武です。



明後日から3月!

今年も2か月が経過しようとしています。

早いな〜。


3月といえば、もう春ですよね。BEAMSスタッフは全員衣替え済みです。

もちろんこの男も衣替え済み。

スプリングコートの着こなし方が去年と異なりますよ〜


Coat:PALTO(パルト)

Polo:GRANSASSO(グランサッソ)

Pants:KENETH FIELD(ケネス フィールド)

Scarf:ANNEE(アネー)

Shoes:DOUCAL'S(デュカルス)



秋冬から大人気のPALTOのベルテッドコート。

(僕もかなりこの冬は重宝したなあ。)

そのベルテッドコートをカジュアルコーディネートでまとめています。

チェック柄はプリント。カラーネップのグレンプレイドです。

コートやポロ、パンツが全てコットン素材なので、どこか野暮ったい印象に。

そこにアクセントとしてシルクのスカーフを足しています。

シルク素材を足すだけで、艶っぽさが増しますね。このスカーフは大きさがちょうどよく(三角形なんですよね)、嫌味な感じにならないのがポイント。

ブラックのニットポロとも色をリンクさせれば、すんなり馴染んでくれます。

僕の場合はスカーフはポロやニットの中にしまってしまうのですが、高田の場合は外に出して艶っぽく。

着こなしって人それぞれで全然違いますよね。

スプリングコートスタイルを軽く見せるために、素足の分量が重要です。

このパンツは裾幅17センチにして、全体のバランスを取っています。

裾を折り返すことで、ラフな印象が追加されます。

コートのボタンを閉めずに、ベルトだけ結ぶ着こなし方をする場合、

このようにその他の”こなし”もラフにすると全体がまとまって見えます。


ローファーではなく外羽根のフルブローグを。

コートのゆったり感にはこのくらいボリュームのある靴が合いますね。



安武


紹介アイテム