HOUSE OF GENTLEMAN に西口の特集が

2017.04.04
こんにちは、安武です。


HOUSE OF GENTLEMANというWEBマガジンに、
西口の特集が4ページにわたり掲載されています。
(ご自身のファーストネームとメールアドレスを入力するとご覧いただけますよ)

このサイト、すべて英語なんです。

なので、”ふくぶろぐ”をご覧の皆さまだけに!
日本語訳バージョンにてお送りします。




About 20 years ago, there was a huge Italian trend in the men's classic wear segment in Japan. Since then, more and more Japanese have been seen during the European fashion trade shows each year. The men's classic styles in Japan have since then evolved little by little into a large category. 

「約20年前、日本のメンズクラシックウェアシーンでと大きなイタリアントレンドがありました。それ以来、毎年より多くの日本人がヨーロッパのファッション展示会にて見られるようになりました。日本のメンズクラシックスタイルはそれ以来少しずつ大きなカテゴリーへと進化してきました。」
 

After losing WWII, Japan was occupied by the US, which caused various American cultures and products to enter Japan. 
In the 1960s, we had the Ivy style boom in Japan, and then American designers such as Ralph Lauren became very popular. In the 1980s, we had the French Ivy style and the British traditional style entering Japan. Then, we had the Italian classic boom in the late 1990s (which I mentioned above). 

第二次世界大戦で負けた後、日本は米軍に占拠され、様々なアメリカンカルチャーと製品が日本へ流入することとなりました。1960年代には、日本でアイビースタイルのブームがあり、その後ラルフローレンのようなアメリカンデザイナーブランドがとても人気になりました。1980年代には、フレンチアイビースタイルとブリティッシュトラディショナルスタイルが日本に流入しました。そして1990年代に先述のイタリアンクラシックブームが訪れました。」
 


The bespoke tailoring in Japan is surely on the rise. Thanks to the huge Italian classic trend, many young Japanese who worked for tailors in Italy, especially in Napoli, came back to Japan to start their own tailoring business. I think the classic trend worked as an important trigger to create other styles trending in japan currently. 

「日本ではビスポークテイラーが確かに盛り上がりを見せています。上記のイタリアンクラシックトレンドのおかげで、多くの若い日本人がイタリア、特にナポリのテーラーで働き、日本へ帰国後に自身のテイラーを始めています。現在日本で様々なトレンドが生まれているのにはかつてのクラシックブームが重要な役割を果たしたと考えます。」

 
Generally, I believe people are coming back to classic styles. Napoli style suits, the authentic round toe dress shoes, and Italian brands' tailored coats are all trending in Japan. Raglan sleeve bal-collar coats, trench coats, and tailored polo coats are popular. Long length coats are trending and should stay that way for the coming seasons. Generally, the relaxed silhouette is on the rise in Japan. You can especially see it in trousers. We have more pleated trousers that have relaxed fit around the hip than before. British bespoke details such as side-adjuster are also trending in trousers. British dress shoes such as Church's, Cheaney, Crockett & Jones, and Edward Green are popular. Italian brands' tailored coats are very sellable, such as the ones by Stile Latino, Tagliatore, and Lardini. For shirts, Luigi Borrelli, Maria Santangelo, Orian, Guyrover. For pants, we have PT01, Incotex, GTA, Germano, Berwish, and Zins. For ties, Drake's, Franco Bassi, and Luigi Borrelli. In the future however, I’m sure we will see more mixed styles than stereotype classic styles, as more and more, people want something more personal and creative.


「一般的に、クラシックスタイルに回帰する方が増えていると思います。ナポリスタイルのスーツ、オーセンティックなラウンドトゥシューズ、イタリアンブランドのテイラードコートなどがトレンドになっています。ラグランスリーブでバルカラーのコート、トレンチコート、そしてテイラードポロコートが人気です。長い丈のコートも流行っており、数シーズンはこの傾向が続くと考えます。一般的に、日本ではリラックスしたシルエットが人気の高まりを見せています。特にそれはパンツで見られます。私共も以前よりも腰回りに余裕のあるプリーツ入りパンツを多く扱っています。パンツではサイドアジャスターなどブリティッシュビスポークのディテールも人気です。チャーチ・・・などのブリティッシュドレスシューズも人気です。Stile Latino・・・などのイタリアンテイラードコートはとても良く売れています。シャツではLuigi Borrelli・・・など。パンツではPT01・・・など。タイではDrake's・・・など。しかし、人々はよりパーソナルでクリエイティブなものを求めており、今後はステレオタイプなクラシックスタイルよりもミックススタイルの方が多く見られるようになると考えます。」



I personally like to do some layering with sartorial and vintage clothes when I dress. I think basic layered styles of classic brands' items are relatively common in Japan. However, mixing sartorial clothes with vintage wear is not that common, and you do not see it that much. Another trend is the sockless style during the summer period, but only a small group show off the style during winter. 

「自身のスタイルとしてはサルトリアアイテムにヴィンテージアイテムを重ねることが好きです。日本ではクラシックブランドのアイテムをベーシックにレイヤードさせるスタイルは一般的だと思います。しかし、ヴィンテージアイテムをサルトリアアイテムにミックスするのはそれほど一般的ではなくあまり見かけないと思います。夏においてはソックス無しのスタイルがトレンドとなっていますが、冬にこれをするのはほんの一握りの方のみです。」

 
Japan is a country of islands, with a positive cultural chaos, with foreign cultures and products continuously moving into the country. The mix of various foreign influences with Japanese aesthetics, have made the Japanese designers become very creative.

「日本は島国で、良い意味で文化的にカオスで、海外の文化と製品が常に日本へ流入してきます。様々な海外の影響が日本の美的感覚と混ざることで日本のデザイナーがとてもクリエイティブになったと考えます。」



こんな感じです。
ぜひサイトもご覧になってみてくださいね!




安武