タクミの技 vol.7

2017.04.25

こんにちは、安武です。



暖かくなってきたので、ちょっとリアリティがないかもしれませんが...

ライダースジャケットを羽織った大島です。

僕もこのライダースは持っていますが、適度に男っぽくて、かつゴールドの金具がファッション感があって気に入っています。

Jacket:CINQUANTA(チンクアンタ)

Shirts:International Gallery BEAMS(インターナショナルギャラリー ビームス)

Tie:DRAKE'S(ドレイクス)

Pants:BERNARD ZINS(ベルナール ザンス)

Shoes:PARABOOT(パラブーツ)


ライダースジャケットを、テーラードジャケットを羽織るかのようなドレッシーにコーディネート。

ラウンドカラーとニットタイで茶目っ気をプラスしています。


大島「ハードな印象のレザーライダースジャケットを、ウールパンツとタイドアップで上品に仕上げました。また、ラウンドカラーシャツのマイルドな雰囲気も、ハードになりすぎないスタイリングに一役買っています」


とのこと。


ラーダースは適度に着丈が長め。

なので子供っぽくならずに、スラックスなんかで合わせてもいけちゃいます。

ダブルジップの下を開けてニュアンスをつけています。

(プリーツパンツを見せているのかな?)



そして足元がポイント!

レザージャケットを合わせる場合、同じブラックの表皮だと合わせすぎになってしまいます。

なので、”ブラウン表皮” or ”ブラックスエード” or ”ブラウンスエード” or ”スニーカー”といった具合に、

色や素材感を変えてあげるのが正解です。


これ、意外とわかる人にしかわからないテクなんですよ。



安武