GW最終日はRungtaへ、

2017.05.07

おはようございます、和田です。

GWも終盤に差し掛かりました。昨日は、家族で経堂駅の喧騒を離れた場所にある<Rungta(ルンタ)>へお邪魔しました。

前々からブログで紹介させて頂いている世界のハンドクラフトもの、アンティークものを扱うお店です。本日もたんまりとため息つくもの、ヨダレもののアンティークを拝見させて頂きました。


こんなに選択肢あるアンティークのアフガンバッチ見たことありませんよね!?。5つ頂いて来ました!。

本来はアフガニスタンの女性の衣装に付けられていた付属をバラしてバッジにしたり、我が家では髪留めにリメイクしています。

私は、珍しい銀糸で出来たバッジをブラックスーツに縫い付けています。


こんな具合に。


インドで素焼きされたpot、枯れた感じが良いですね。


入り口付近には植物も充実しており、お店の雰囲気に一役買っています。




こちらは、圧巻!!インドの古い子供服。現代では想像も出来ない細かな刺繍、丁寧な作りにため息がでます。袖に鉄製のポールなどを通して飾っておきたいですね。


私の口元がいつもスッキリしているのは、間違いなくインド製の歯磨き粉。日本のモノでは感じた事のない爽快感です!是非お試しを!。


このタオルも薄地ではありますが、ワッフル織で吸水性&速乾性に優れ、バス用として最高です。実生活に使用して、リアルに”良い”と思えるものがRungtaには沢山あるんです。


これも我が家の定番である、インドの100年モノの鍋。いろんな大きさを所有し、食卓にそのまま出せるホームパーティー時には盛り上がる存在です。


パキスタンの男性が被る<topi(トピー)>の帽子を二つ合わせポーチにした優れ物のリメイク。

センスを伺わせられますね。


topiの帽子はこんな具合…ちょいちょいサーセン!。


毎日がこんなモノに囲まれ過ごす暮らしに憧れます。


GW最終日は是非に!、Rungtaへ。


住所:世田谷区経堂5−31−6

instagram:mayu_rungta ←覗いてみてください!。



by ショーグン