SUN SURF×北斎〜part2〜more!

miya 2017.07.15

こんばんは★

2階フロアより

本日発売開始となりました

【SUN SURF×北斎】

アロハシャツを引き続き

ご紹介致します♪


本日は夏の夜にもってこいの

こちらのデザインです!!



◎SUN SURF×北斎 37653

   カラー:WHITE/NAVY

   サイズ:XS(W)

               S/M/L/XL(M)

¥23,000+TAX


作品名は【百物語】

百物語とは、江戸時代に流行した

怪談遊びです。

夏の深夜に、ロウソクや

灯籠の明かりのもと

集まった人々が

順番に怪談を話し

100話目を語り終えたときに

異変が起こるとされていました。


その怪談会の名を冠した

北斎の作品群です。


今回は北斎の

百物語シリーズから、

代表的な4作品をコラージュし、

一つの作品として

展開しています。


【笑ひはんにゃ】1831-32年頃

般若とは、2本の角と、

鋭利な牙の生えた鬼女の面。

北斎が描いたのは、

傷口が生々しい

赤ん坊の生首を手にし、

蛇のように耳まで裂けた

血まみれの方が恐ろしい狂気の

笑い般若です。


【さらやしき】1831-32年頃

有名な「番長皿屋敷」を

題材にした作品。

いちまーい、にまーい…

今にも聞こえてきそうです。

北斎は皿を連ねて蛇体のように

首から下を

表現した姿は他には見られません。


【お岩さん】1831-32年頃

徳川時代から昭和にかけて

絶大な人気を誇った

「四谷怪談」の女主人公の

お岩さん。

夫に毒を盛られ、

非情を怨んで死。

亡霊となり

うらめしや…

と夜な夜なあらわれます。


北斎の作品は、お岩さんの幽霊が

提灯に乗り移り

怪異を表す

「提灯お岩」の場面を

描いているとされています。


【こはだ小平二】1831-32年頃

小幡小平次は

江戸時代に発生した

怪談話の主人公です。

妻とその浮気相手に殺された

役者の小平次が恨みのあまり

往生できず、

幽霊となって現れるお話。


白骨化した頭蓋骨の様子が

リアルな本図は、

当時出回っていたオランダの解剖書

など科学書の知識が転用されました

ことがうかがえて

興味深いものです。



皆様いかがでしたでしょうか?

背筋がぞぞぞっと

涼しくなってきたのでは?


商品に関する

お問い合わせは2.3階まで。

TEL:03-5368-7317


miya


【Instagram】https://www.instagram.com/beams_japan/?hl=ja

最新入荷商品・イベント情報を毎日お届け!

【WEAR】http://wear.jp/miyayan/

こちらもフォロー宜しくお願い致します♪


【STAFF STYLING】

http://www.beams.co.jp/styling/?label=0056

BEAMS JAPAN STAFFも日々更新中!!

是非お気に入り登録をお願い致します♪


【BEAMS JAPAN BLOG】

http://www.beams.co.jp/blog_label/beams_japan/

お気に入り登録、又はフォローして

頂くと簡単にCHECKできます♪