イヌの毛繕い。

犬飼 洋平 2018.03.28

こんばんは犬飼です。

桜も満開で過ごし易い季節に

なってきましたね。

本日は只今開催中の

オーダーフェアに向けた

若手スタッフへの勉強会の様子を

少しだけご紹介させて頂きます。

閉店後の渡邉と中井。

真剣な表情でお互いのオーダースーツを

相手をお客様と想定し採寸から補正、

ディテール、裏生地、釦決定まで

一通りの流れで進行していきます。

指導はオーダースペシャリストの播磨。

渡邉は英国らしい生地をチョイス。

スラントポケットにし、裏生地を

パープルにしたい様子です。

中井はウールモヘアのブラウン無地をチョイス。

夏場はシワになり難く通気性も良いので

重宝しそう。

落ち着いたカラーリングも良いですね。

ヌード寸法を採寸した後。

ベースとなるジャケットを着用して

シワの出方等から身体の特徴を

考察していきます。

中井は、やや怒り肩な所に加え

痩せ型な為、胸囲が余っていますね。

又、腕周りも本人は、

もう少し細くしたい様です。

特徴と希望を加味した補正と

寸法調整を行いました。

続いてパンツを着用して

ジャケット同様に特徴等を

見ていきます。

パンツはジャケット同様のサイズですと

脹脛が干渉してしまった為、

ジャケットよりも一つ上のサイズをチョイス。

概ね大丈夫でしたがウエストが緩いのと

お尻から渡り部分にかけての余裕を

補正と寸法で調整しました。

股下を調整し。


最後に生地との相性や好みに合わせた

裏生地と釦を選んでいきます。



仕上がる頃は初夏の陽気でしょうか。

本人達も仕上がりが楽しみでしょうね。


4月1日迄と会期終了が

近づいていますが通常よりもお得に

オーダー頂ける機会ですので

お花見ついでにでも

お立ち寄り下さい。

今日はこの辺で。


犬飼