いしいしんじ その場小説「花」④(最終回)

藤木 洋介 2017.04.20

いしいしんじ その場小説『花』 ④(最終回)

(前回のお話③は、こちら)



----------


 遠い草原で、ちょうどいいサイズの麦わら帽子をかぶった女の子が、不意に、青空をみ
あげる。いまなにか、きこえた。動物の、遠吠えのような。青空のむこうで響く、雷みた
いな。
 暖かい空気をゆっくりと鼻で吸う。
 家のまわりを、桜の木が取り巻いている。4月8日。女の子の誕生日。桜の花は、いまが
満開だ。
 誰かが玄関のほうで、女の子の名前を呼ぶ。
「ちょっと待って!」
 女の子は叫び、庭のまんなかに生えた一本の桜に歩み寄る。はじめは、蝶がとまってい
るのかとおもった。近づき、背伸びして、顔を近づけてみる。
「うわあ」
 おもわず、声が出た。何万個とふくらんだ桜の花弁のうち、目の前のただひとつだけが、
真っ青。宇宙の底を溶かしたような青色をしていたのである。





おわり

-----

【現在開催中の展覧会】
4月1日(土) 〜 23日(日) 11:00-20:00<会期中無休>