コートを考える

it'sok MURAKAMI 2017.03.02

みなさん、こんばんは。

it'sokこと村上でございます。


最近日差しが柔らかくなってきましたが、まだまだ空気はキンと冷たいですね。

きょう対応させていただいたお客様があまりにも素敵なトレンチコートを羽織られていたものですから、失礼を承知で開口一番どちらのコートかおうかがいしてしまいました。なんとも30年ぐらいまえの某英国ブランドでした。

そのお客様は最近のトレンドもご存知で、久々に着れると思われたそうです。

まさにそこにリスペクトがあります。


さて、本日ご紹介させていただきたいコート

<MACKINTOSH(マッキントッシュ)>





マッキントッシュ
カラー:ハニー、ネイビー
サイズ:38、40
価格:¥148,000+税
商品番号:21-19-7032-118

2016年秋冬でも展開していました<MACKINTOSH(マッキントッシュ)>のラグランスリーブのバルカラーコート









コットンツイルでウールライニングが取り外せるタイプは年間を通してかなり重宝します。

いまの時期ですとまだウールライニングを付けていたほうがよいでしょうか。

わたしたちショップスタッフは春夏物を着て出勤していますので、尚更ウールライニングは今も必要です。それでいて真冬のアウターっぽくならない。

首に巻くストールやマフラーもカシミヤ、ウールからリネンやコットンに変えることで春っぽく見えます。それでいて温かい。


秋冬物を着用されている方はウールライニングを外して着ても良い時期かもしれません。

迷った時はウールライニングだけをバッグに入れて出かけ、夜寒いとそのライニングを付けて帰宅することもあります。







店内にはコートが例年以上にバリエーション豊かに揃っています。

わたしはスプリングコートとあえて本日は申し上げません。

真冬にも対応のコートもございます。

次の秋冬シーズンも羽織れるコート探しはいかがでしょうか?

店頭に先の30年もののコートになれるものもあるかもしれませんね。



ご来店は平日がオススメです。

それでは神戸でお待ちしています。


it'sok


【告知】

3月31日から4月9日まで開催決定です。

春夏はシャツも主役になるシーズンです。

詳細は決まり次第お知らせいたしますが、ひとまず日程だけのご案内です。