大人の P COAT

takahashi.hideki 2017.12.08

高橋です。

12月ですね。


今日は.P COATに関して考えみることに

どちらかというとDUFFLE派なんですが、


此方

北欧の漁村で、着られていた

ピィェッケルがルーツ。


 

タートルネックをあわせれば、

マフラー、ストール入らず。


此方は再生ウールではございません。


上質なメルトンです。

ズッシリしていて重みもあります。



SEALUP  元々、英国有名メゾンの

仕事も請負う有名ファクトリーなのは、

有名な話。




また、やはり馬のマークの仕事もしてます。




オススメの

GOLD METAL BUTTONではありますが、

ポリッシュホーンも付属します。

ぼくは此方が好みかも、


制服ライクな印象がありますが、

此方は余裕を感じます。

エリをたてて大人の余裕を楽しみたいですね。