スタッフコーディネート解説 vol.6

関 哲朗 2017.09.03

こんばんは、関です。


また夏らしくなっちゃいましたね。

昨日熱燗とか言っといて、今日はキンキンのビールだぜ!な気分です。

最近酒ネタ多いですね。気をつけます。


今日は入社2年目、洋服の着こなしが板についてきた馬渕です。


もともと華奢なのでサイズ選びには苦労していますが、なかなかサマになっていませんか?



ノットの具合はなかなか。

チャコールグレーのペンシルストライプに、かなり白っぽいライラックのシャツを合わせています。

私には思いつかない発想。

若手の直感重視のチョイスにはいつも驚かされ、刺激になります。

「これにはこれ。」みたいな固定観念は良くないですよね。



胸元にフォーカス。

スクエアに入れたチーフは、きれいに畳みすぎない塩梅が良い感じ。



適度なボリュームのフルブローグ。

こういう色気のあるコーディネートの時は、もうちょっとポリッシュしても良いかもです。


店頭商品ならこんなのでどうでしょう。


<BEAMS F>

CERRUTTI CHALK STRIPE SUIT

品番:2117-0916-264

¥95,000+税


<MARIA SANTANGELO>

MINI CHECK WIDE COLLAR SHIRT

品番:2111-2326-435

¥22,000+税


<JOHN COMFORT>

JACQUARD 11 TIE

品番:2144-5376-107

¥13,000+税


<CHEANEY>

EDWARD

品番:2132-0072-175

¥69,000+税


ダークトーンに挿しで綺麗な色を入れるのも、アクセントに効果的のようです。

是非ご参考になさってみてください。


今日の一服も是非。

https://www.instagram.com/sekitetsuro/


代金引換の発送も承ります。

お問い合わせ・ご来店、お待ち申し上げます。