発見。幻のニューバランス。

FUZIO 2017.09.01

どーも、こんばんは。

FUZIOです。


こないだね、とある所でVR体験コーナーがあったんです。あっ、VRって知ってるかな、あのなんかゴーグルみたいなのをかけたら、うわー、って立体的に見えて、なんかこうすごいなー、近代的だなー、って思うやつ。それが前から体験したいなと思ってたら、そんなコーナーに出くわしたわけです。で、そのゴーグルみたいなのをジーっと見つめて、「いいなー、やってみたいなー、でもスタッフさんに言うの恥ずかしいなー。30過ぎてるしなー俺。周り子供だらけやん。」なんて考えてたら、近くにいたスタッフさんが「やってみますか?」と、一言声を掛けてくれた。こんだけブログばっか書いてはいるけど、私だって接客業に従事していて、お客様へのお声掛けには十二分に気を配る。今まさに、私の「やりたい。」のタイミングにジャストミートで声を掛けてくれたスタッフ、すごい。「あいたたたた、すげぇスタッフに捕まったもんだぜ。クレジットカード持って来てて良かったぜ。」とか思いながら、二つ返事。早速、眼鏡のままゴーグルを装着。すると全方向に仄暗い墓地が広がる。上を見上げると曇天。もちろん先程のスタッフも視界にはいないし、声も届かない。すごい、なんやこれ。驚きの感情に耽っていると、その刹那、目の前の墓地の地面から、とてつもない血色の悪い犬歯の鋭い人間が出て来て、襲いかかって来た。これがゾンビ、という奴か。急いで、手に持った銃で応戦。「わー!やばいやばい!これ、すごいですね!こわっ!ほんまに墓地におるみたいやん!あっ、痛っ!噛まれた!噛まれましたよ僕!あれ!銃の玉なくなった!なくなったよ!これどないして補充するんですか!ねー!お兄さん!あかん!玉ないて!あかん!死にますて!これもうダメですわ!」と、コテコテの関西弁を喋りながらプレイをしていたら、敢え無くゲームオーバー。「いやー、これすごいですね。近未来ですね。2022年かと思いましたよ、いや、それそないに先ちゃうやん。」なんて言いながら、ゴーグルを外す。すると、先程まで近くにいたはずのスタッフがいない。ずっと一人で、騒ぎながらゲームしてたみたいです。あのスタッフ、幻やったんかな。


ということで、幻のニューバランスのご紹介をします。




ニューバランス 520
カラー:ホワイト、ブラック
サイズ:26,26.5,27,27.5,28
価格:¥10800+税
商品番号:92-31-0164-228

「ニューバランスの520?聞き慣れないなー。」なんて思っていたら、それもそのはず。この520というモデル、1970年代後半から1980年代の短い間だけ稼働していたアイルランドの工場で生産されていました。しかもこれ、名前が付けられてなかったそうです。そこで新たに「520」と命名し、世に送り出されたそうです。存在はしていたけど、今まで見ることが出来なかったモデル。まさに幻やないか。

ニューバランスのランニングモデルである990番台とかによく見られる、キュッとシェイプした木型を採用している。細身でシュッとした見た目。裾幅の細いパンツとの相性が良さそうです。


ニューバランス好きな方にも、初めてのニューバランスを検討されている方にも、非常にお勧めです。


では、おやすみなさい。