アメリカの展示会にて

古屋 雄一 2017.02.27

冬の雑貨の展示会ラッシュも終盤。

この冬も色々な展示会を歩き回りました。


その中でもアメリカの展示会で少し特殊な商品を買い付けたので紹介したいと思います。

(まだ入荷時期は未定ですが・・・)


正直、誰もが欲しがる商品ではありませんが、

僕的にはある意味昔のアメリカっぽい商品だと思いまして・・・


この商品はテネシー州ナッシュビルから輸入する商品で、

取り壊された家の廃材にペイントや焼き付けを入れてアートフレームに仕立てた

オブジェ的な商品です。




老朽化した建物を壊して味がでた木材をただ再利用するだけではなく、

さらに加工を施して味わいのある新しいものする。

さらに僕的に特に気に入った点はフレームの裏面にその建物があった住所を記す感じ。



大量生産・大量消費もアメリカっぽいですが、

なんかこの元々あった場所感をも大事に残す感じもアメリカっぽくないですか?


とはいえ、柄と形は指定したものの、

この展示会で飾ってあったサンプルのような商品が出荷されてくるかどうかはわからないのですが・・・





ちゃんと入ってきたらまたこのブログかフォトログで紹介したいと思います。

こんな白くペイントしたものも。