エレガントなVゾーン

無藤 和彦 2017.09.14

こんにちは、無藤です。


「ビスポークスタイル」や「サルトリアルック」といった、スーツやジャケットをエレガントに着こなすというスタイルが台頭してきた事で、Vゾーンにも若干の変化が必要なのではないかと考え、ネクタイのスタイル(大剣の形状)に「ボトルシェイプ」というスタイルを久しぶりに取り入れました。このスタイルは、ノットが小さ目に結べ、結び目のすぐ下から、ふんわりとまるでスカーフのようにゆったりとしたボリューム感を表現できる、エレガントなシェイプが特徴で、かつてのメンズファッション市場で、一世を風靡した「クラシコ・イタリア スタイル」全盛のころに主流となったスタイルです。




ご覧の通り、「ストレートシェイプ」のネクタイと違い、ものすごくボリューム感が強調されて、エレガントに見えるのがお分かり頂けると思います。襟型は、ワイドスプレットはもちろん、このところドレスしシャツの新しい襟型として、リバイバルしている「ラウンドカラー」や「タブカラー」などにも非常に相性が良いです。その中でも、比較的ノットを小さめに結んだほうが雰囲気が決まりやすい「タブカラー」には、特にお勧めです。





ジャケットパンツの2ピーススーツスタイルのVゾーンにコーディネートしても、とてもエレガントに見えますが、3ピーススーツのジレの下から、ボリュームのあるタイを見せるというのがよりエレガントさが増すと思います。本当に小さな変化なのですが、この様なこだわりが、コーディネートの差となるのだと思います。まだまだネクタイの主流はストレートシェイプですが、ボトルシェイプも是非お試しになってください。Vゾーンの雰囲気は全然違いますよ。