クラブレジメンタルの秘密

無藤 和彦 2017.03.27

こんにちは 無藤です。

展示会シーズンのバタバタもようやく落ち着き、デスクにいる時間が増えてきました。今回は、洋服好きの皆様にはとても興味深い「薀蓄ネタ」をご紹介しますね。このところ、「クラブレジメンタルタイ」が、全国のビームスで、スタッフを始め顧客様たち、またヤングビジネスマンたちにとっては、とても新鮮に見えるようで、どの世代からも絶賛していただき大人気。追加生産が間に合っていなかったのですが、ようやく入荷してまいりました。


この「クラブレジメンタルタイ」の素材には特別な技術が使われており、それによって、他のレジメンタルタイのようにペタッとした風合いでなく、しっかりとレップ素材の畝(うね)が立ち、柔らかい手持ち感に仕上がっています。
私が、ビームスに入社して間もないころ、「HILL&DRAKE社 (現在のDRAKESとCHARLES=HILLの前身)」のレジメンタルタイが、他のタイブランドの商品と比べて、ものすごくきれいに畝が立っていて明らかに高級感があるなと感じていました。それを、ネクタイメーカーの方に話したところ、特別な技法があって、今でも日本にそれが出来る職人さんがいらっしゃるとの情報を得ることが出来ました。もちろん、即決での発注となりました。
この生地の風合いを出すための肝は、「整理をしない」という点にあります。一般的にネクタイ生地は織りあがった後に、表面に残る細かなしわを消すために、樹脂やのりなどを使い表面をきれいに加工します。それを「整理」といいます。しかし、ビームスのクラブレジメンタルタイはこの「整理」をあえてしていないのです。そのかわり、職人さんの手作業で、裏からスチームアイロンを当てながら、畝を立たせ柔らかなコシを出しているのです。さらには、きれいな畝を作るために、織り込んだ糸と糸の間に、微妙な隙間を作るために「空気を一緒に織り込む」そうです。ここまでいくと職人さんの感性で、私も何のことやらわかりません。ただ、すごい技術を駆使した最高の見た目と風合いを持ち合わせた生地だという事には間違いはありません。

今年の1月のPITTI UOMO展示会でも、ファッション好きのイタリア人業界人たちがこのクラブレジメンタルタイをしており、私にもとても新鮮に写り、絶対に発注しようと考えていたものの、なかなか思っていたものにめぐり合えすにいましたが、ネクタイメーカー様に相談してよかったです。
いかがですが、ビームスのクラブタイは、他のタイとは一味違いますよ。