<foot the coacher(フット・ザ・コーチャー)× PORTER(ポーター)>ミニマルバッグ

パンチ 2017.07.24


19歳から独学で靴作りを始めた竹ヶ原敏之介氏が2000年にスタートしたブランド<foot the coacher(フットザコーチャー)>。
ドレスシューズをメインとする靴のブランドですが、毎シーズン<PORTER(ポーター)>に別注して制作するアイテムも細部にまでこだわられており定評があります。本日は、そんな<foot the coacher>がPORTERに別注したミニマルバッグをご紹介します。

このバッグは表面的なデザインをほぼ排除した非常にミニマルな見た目が最大の特徴で、前後共に特徴的なデザインの一切を控えています。

表地はナイロンの生地ですが、マットな表情の物を使う事で高級感を出しています。


持ち手はシボ感のある牛革を使用。
<foot the coacher>は本来ドレスシューズのブランドというだけあって、革パーツの上品な使い方が絶妙です。

収納部は2ヶ所。両方ともファスナーをバッグ下部まで下げることができ、中の物の取り出しがスムーズに行えます。
片面にはノートPC収納用のスペースがあり、もう片面には細かな物の収納に適したポケットが3つ備えられています。

このバッグはミニマルバッグというだけあって色々なスタイルに取り込むことが出来ます。


ブリーフケースとしてスーツに合わせるのもいいですが、あえてカジュアルダウンしたコーディネートに合わせるのも乙です。
今回はTシャツに合わせてみましたが、違和感が出ないのが凄いです。
シーン、スタイルを選ばず使えるミニマルなバッグですので、B印 ヨシダ 代官山にお越しの際はぜひ手に取ってご覧下さい。

<foot the coacher × PORTER>ミニマルバッグ
※上記をクリックすると、更に詳しい情報がご覧いただけます。
品番:34-61-0989
ブラック×ゴールド
¥54,000-(税抜)

在庫状況やその他詳細に関しましては、B印 ヨシダ 代官山(03-5428-5951)までお問い合わせください。