ノースフェイス「バルトロ」の凄さ

小田部 裕 2017.11.12

こんにちは。

寒さが少しずつ本格的になってきました。そんな寒い時でも頼れるアウター、ノースフェイスのバルトロのお話を少しだけさせて頂きます。


モデル名の由来はバルトロ氷河で7000m級の山々がそびえるカラコルム山脈に横たわっている地域をさします。真冬の天体観測や雪上ハイクにも対応出来るとても素晴らしいアイテム。ルーツは極地探検の為に作られた為だけあって保温力のレベルがとても高く、そして軽く長所だらけのモデルです。


保温力について

中綿には特殊セラミックスの遠赤外線効果により素晴らしい保温効果を持続させる事が可能な光電子ダウンを使用しているという大変難しい言葉が並びますが、一言で言えば軽くて暖かさをキープ出来て最高という事です。


光電子ダウンとは

着る人の体温によって生み出される自然な暖かさです。遠赤外線を活用して直接人の体を保温するというなんとも凄い技術力。その結果、快適な温もりになり、暑くなりすぎすに暖かさを自然にキープ出来る所が、汗などの水分を吸収してしまう繊維による加温との大きな違いです。



表の生地の長所

風を通さない構造になっている事。又、2層構造になっており、風以外に雪や小雨程度の濡れくらいなら簡単に遮れます。


そしてこんなにコンパクトにして持ち運ぶ事が出来る優れものです。これならトラベルで寒い場所に行く時でも、ストレス少なく旅に持って行く事が出来ます。

この冬は機能盛り沢山のバルトロで冬を快適に過ごすのはいかがでしょうか。


BEAMS EBISU 小田部