鯛車入荷しました!!

徳永 2017.06.09

皆様こんにちは。

いかがお過ごしでしょうか?


BEAMS JAPAN 5F fennicaでは新潟の鯛車•野鳥こけし•兼光刃物の新作が入荷しましたので、ご紹介していきたいと思います。

まずはこちらから。


前回もご好評頂きました、鯛車を展示販売致します。

新潟市西浦区ではお盆の時期になると浴衣姿の子供達が鯛車にあかりを灯し、町内を引いて回ったそう。

江戸末期から昭和の中ごろまで盛んでしたが、時代の返還と共にいつしか姿を消していきました。

今では「鯛車復活プロジェクト」として鯛車の制作やその情景も含めて復活を目指し活動されています。


fennicaではインテリアとして、お部屋に飾って頂けるサイズでご紹介しています。

彩りも綺麗で、一つ一つ丁寧に作られた鯛車に、あたたかみを感じます。


続いては、fennicaでは初となる野鳥こけしのご紹介です。50年程前に、新潟の松之山町の温泉旅館のご主人が考案し、趣味として製作したものが原型です。


その後、松之山で大規模な地滑りがあり、農耕ができない状況になり冬の副業として定着したそうです。


胴体は紙を粘土状にして型を流し、羽毛は脱脂綿を染色、足は針金に糸を巻いて製作されています。

鳥の種類はトキやキジなど10種類ありますので、お好きな鳥を選んで下さいね。

fennicaでは展開のある、兼光刃物から新作のブレッドナイフのご紹介です。1931年に農具金物製作•修理を主な仕事として新潟市巻地区に創業しました。今では用途に合わせた刃物の製作を作り続けています。
今回の形に至るまで、fennicaのバイヤーであるエリス•北村と作り手の方で試行錯誤し、出来上がりました。


本日より、店内一角にコーナーを作っていますので、是非見にいらして下さい!!


Tokunaga Shiori