"Arts and Crafts AFRICA" 〜染め・織り・様々な布たち〜

片桐 2017.09.10

"Arts and Crafts AFRICA"
会期:
9/15(fri)~9/24(sun)
場所:インターナショナルギャラリー2F(原宿)

"Art and Crafts AFRICA"に関する商品のお問合せは9/15(fri)以降に原宿インターナショナルギャラリービームスにて承ります。また、今回イベントに際して入荷する商品は、原則としてイベント期間中は元より事前のお取り置きや他店舗への取り寄せ、通信販売等は承り兼ねます。予めご了承ください。



 ナイジェリア、ヌペ族の貫頭衣。ヌペ族を始めハウサ族やヨルバ族など広い地域で男性の正装として用いられています。藍の美しい色と緻密な刺繍は一見の価値があります。



カメルーン、バミレケ族の藍染布。



マリ共和国、バンバラ族のボゴランフィニ(泥染め布)。染料はシカラマ(シクンシ科の樹木)の葉で作った染液、1年以上寝かせた鉄分の多い川の泥、ピーナッツなどで作った脱色剤と自然のものが使われています。邪気から身を守るものとして、女性の腰巻や漁師の衣服に使われていました。



色や生地の厚み、サイズも様々です。



ガーナ、ファンティ族のエウェクロス。近隣のアシャンティで作られていた色鮮やかなケンテクロスと形状は似ていますが、エウェクロスは渋めの落ち着いたトーンの色目です。



近くで見ると 、ランダムな配色でパッチワークが施されています。細かい!エウェクロスは1970年代位までしか作られていない為、現在ではかなり貴重なものとなっています。その為、経年劣化で生地も弱くなっていますので取扱いは優しく丁寧に。。



青を基調としたもの。



途中から色を変えてあるもの。この他にも在庫がございます。大きさもそれぞれ異なりますので是非店頭でご覧ください。


次回の"Arts and Crafts AFRICA" のブログは9/14(木)を予定しています。アフリカンアートならではのアートピースとして扱われる木工品を紹介致します。



"Arts and Crafts AFRICA" に関するお問合せは下記の展開店舗までお願いいたします。

原宿インターナショナルギャラリービームス2F / TEL:03(3470)3948 / 営業時間:11〜20時


Katagiri