Check on Check

片桐 2017.10.14

今年の秋冬物に柄は取り入れますか?柄物の中でチェックには比較的馴染みがあり、柄としても身に付けるのに抵抗は少ないのではないでしょうか?それでも「制服のイメージがある」とか「子供っぽくない?」といったご意見も無くはないでしょう。そんなチェックをモードに、とまではいかなくてもカッコよく着てみたい、という方にはチェック オン チェックをお勧めします。今シーズン、fennic<フェニカ>には数は多くはないですが定番ともいえるチェックや格子、千鳥といった柄物があります。





ヤクカシミア素材のニットポンチョ。柔らかで滑りのある質感が特徴です。大きめのチェックが印象的です。



スコットランドのキルトメーカー、O'NEIL<オニール>のキルトスカート。形も柄も定番といえるものです。



こんなギャザータイプも。ウール地にアクリル糸を絡めて起毛させたような質感に仕上げています。



レイルロージャケットの新バージョンに合わせても。袖が細かいハウンドトゥース(千鳥柄)になっています。そこに柄の大きなチェックを合わせるというのも面白い組み合わせです。



さて、こんな組み合わせはいかがでしょうか。ワンピースからストール、帽子に至るまで全てチェック-柄物です。



近くで見ると分かりますね。帽子のウィンドーペン、ストールのタータンチェック、そしてワンピースのギンガムチェック。柄同士を組み合わせる時は、それぞれの柄の大きさを揃えない、というのがポイントでしょうか。また、組み合わせの中に一見無地にも見える、主張の強くない柄を入れる、というのも面白いかと思います。今回で言えばこの帽子のような。


柄と柄、チェック オン チェック。失敗を恐れずにお楽しみください。その際には私共スタッフの事も大いに活用ください。喜んでお手伝いさせて頂きます。


Katagiri