改めまして、fennica(フェニカ)です。

ASAMI 2016.09.15

こんにちは。


<デザインとクラフトの橋渡し>をテーマとするレーベル、fennica(フェニカ)のオフィス業務を担当しているASAMIと申します。

フェニカオフィシャルサイトから、ビームスオフィシャルサイトに戻って参りましたので、改めてご挨拶させて頂きます。


主に私はイベント関連を担当しておりますので、その辺りと商品のご紹介などが出来ればと思っております。

ご興味ある方は、是非チェックして頂ければと・・・


今シーズンも色々と準備が進行しておりますが、まずはお得なダブルポイントキャンペーンのご案内です!

定番の商品が多いfennica(フェニカ)では、家具などをお求め頂くにもオススメの期間となっております。


artek × Johanna Gullichsen / スツール60シリーズ



フィンランドartek(アルテック)の名作、スツール60にJohanna Gullichsen(ヨハンナグリクセン)の生地を貼ったスペシャルバージョン。

折角なら2脚・3脚とまとめてお求め頂くのも良いのではないでしょうか。

こちらの特集ページも合わせてご覧ください→<fennica in daily life>

http://www.beams.co.jp/special/fennica_in_daily_life/


秋の行楽もいいですが、お気に入りの家具に囲まれて家でのんびりするのも良いですね。

この機会に是非ご検討下さい!


そういえば・・・

半月ほど前、フィンランド中部にあるポリという街からバスに揺られて、Villa Mairea(ヴィラマイレア)に行ってきました。

artek(アルテック)の創立メンバー、アルヴァ・アアルトの設計で、依頼者はJohanna Gullichsen(ヨハンナグリクセン)の祖父母にあたるマイレ・グリクセンとハリー・グリクセン。






室内は撮影禁止だったので写真はないのですが、内外・ロケーションも含め、とても一言では言い表せない素晴らしい内容でした。

1939年に設計者・依頼者の美意識によって出来た建築。


70年以上を経た現代に、両者の結びつきがひとつのスツールになっている事も、また興味深いですね。


ASAMI


紹介アイテム