Nigel Cabourn<ナイジェル・ケーボン>

片桐 2018.04.29

こんにちは。今回は久々にウェアの紹介です。




fennica<フェニカ>では、今春から取り扱いを始めた Nigel Cabourn<ナイジェル・ケーボン>。男性は既にご存知の方が多い事と思います。デザイナーのケーボン氏は学生時代にブランドを立ちげてから、その後40年以上もファッションビジネスに関わっている人物。その彼が生み出すコレクションは、一般的なファッションブランドとは異なり、トレンドに左右されない、ヴィンテージクロージングや生地、デザインディテールといった要素からインスピレーションを受けて作られています。


インスピレーションの基となるヴィンテージウェアは、デザイナー自身が世界中から蒐集したもの。ミリタリーウェアやワークウェア等の希少なアイテムを多く所有している事でも知られている。

fennica<フェニカ>ではレディースアイテムに特化した品揃えとなります。






強く洗いのかかったコットンや、張りのあるリネン素材。色や素材感は勿論のこと、ボタンやアジャスター部分の金具にはミリタリーのテイストが存分に感じられます。




一方で、洗いをかけたリネン素材を活かしてギャザーをたっぷりと寄せたスカートや高めのハイネックにメタルのバックボタンシャツには、フレンチワークウェアのディテールが其処彼処に見られます。




カットソーやシャツもメタルボタンが使われたミリタリーティスト。このカットソー、細すぎずワイドすぎず、程よいサイズ感で適度な厚さもあって便利なのです。






ラフィア素材のハットは内側にゴムが張られ、適度なフィット感があります。下を向いたり、風に煽られた時も脱げにくい。これはとても快適です。ベーシックでありながら他とはちょっと違うアイテムを見つけることが出来るのではないでしょうか。


他にも色々ご用意ございます。ぜひ店頭でお試しください。

オンラインショップからもご覧頂けます。



International Gallery BEAMS 2F

Katagiri