fennica×東洋エンタープライズのご紹介

菊地 2016.11.28

皆様こんにちは。


本日はfennica STUDIOよりオリジナルウェアーのご紹介です。
fennicaでは長年、東洋エンタープライズさんとの共作でオリジナルの商品を企画しています!

新宿のビームス ジャパンでは現在、その数々の商品を一度に見ていただける店内です。




まずはこちら。メンズが着ているのがモッズコート。アメリカ陸軍が1948年に採用した希少なモデルをベースにしたアイテムです。

そしてレディースが着ているのはショート丈のダッフルコート。1940年代イギリスの山岳部隊のコートがベースになっています。独特なショールカラーがポイントでフードタイプのダッフルコートとはまた違った印象ですね。


また、店内にはディレクターであるエリスと北村の私物も展示しています。2人のアイディアが東洋エンタープライズさんの物作りを通してどのような別注商品へと生まれ変わるのか、感じていただけると嬉しいです。ぜひこの機会に見てみてください!





たとえばこちらのスモック。上のエンジ色のものが私物で、下のネイビーとオリーブが企画した商品です。
ポケットのディティールなど細かい部分は少し変更し、今のトレンドに取り入れやすい軽いデザインです。








こちらはMA-1です。胸のパッチデザインは、加賀友禅の職人の手による、高知地方に伝わる「連だこ」の伝統的な絵柄を取り入れています。今回はその実際の連だこを店内で見ていただけます。見比べてわかるように、見事に色も雰囲気も再現されています。




こちらはスーベニアジャケットの第二段。人間国宝であり民藝運動における重要人物の一人である芹沢銈介氏が描いた民藝地図をインスピレーションに、登り窯などをモチーフに加えました。熟練の手仕事による美しい刺繍模様に惚れ惚れしてしまいます。


このように、fennicaのオリジナルウェアはいつも忠実に再現してくれる東洋エンタープライズさんへの信頼もあり、素晴らしい出来上がりのものに仕上がります。


この機会にぜひ店頭でその商品たちをみていただければと思います。

皆様のご来店をお待ちしております!


BEAMS JAPAN 5F fennica STUDIO(新宿)


菊地 優里