Fatto a mano

荒井 2017.08.04

こんばんは、荒井です。


“Fatto a mano”

(イタリア語で“手作り”の意味)


この言葉にこだわり続けるイタリアの老舗シューメーカー<ENZO BONAFE>より新作3モデルが入荷致しました。



<ENZO BONAFE>

イタリアの有名な靴メーカーのひとつであるア・テストーニで修行を積んだエンツォ・ボナフェ氏が、1963年イタリアのボローニャで創業。小規模な靴工房ながら抜群のクオリティを誇り、グッドイヤー製法とマッケイ製法を掛け合わせた2C製法が特徴です。


3モデルの中で特にお勧めさせて頂きたいモデルがこちらの“PAGANINI”


カラー:BLACK,DARK BROWN

サイズ:5-9H

価格:99,000+TAX

商品番号:21-32-0095-302


ビームスでも10年以上前に展開していたモデルをラスト、デザインに修正を加え、現代的なフォルムで復刻させたモデル。


9分仕立ての特徴でもある美しいベベルドウェスト。


非常に丁寧な仕上げのヒドゥン・チャネル。


構築的な印象のスクエアなトォ。


実在したイタリアのバイオリニストの名を冠したモデル名。


各ディテールは非常に丁寧に仕上げられており、眺めているだけでうっとりしてしまいますね(笑)


“SALIERI”

カラー:BLACK,DARK BROWN

サイズ:5-9H

価格:99,000+TAX

商品番号:21-32-0094-302


“DUCCIO”

カラー:BLACK,DARK BROWN,DARK BROWN SUEDE

サイズ:5-9H

価格:99,000+TAX

商品番号:21-32-0093-302


ビームス銀座3階では新作の3モデルを展開しております。

どうぞ<ENZO BONAFE>の“靴の品質”へのこだわりを実際に手にとってご覧ください。


それでは「銀座」でお待ちしております。


荒井