6/10(土)より、アメリカンインディアンジュエリーフェアを開催します!

松金 慶 2017.06.05

みなさん、こんにちは。


毎度、blogをご確認頂き、ありがとうございます!


今日は、皆様へ大切なお知らせがあります。




どーん!!


昨年もご好評頂きました、アメリカンインディアンジュエリーフェアを、ビームス広島2階メンズフロアにて6/10(土)〜6/26(月)の日程で行います!



内容と致しましては、ビームスが提案するインディアンジュエリーの数々を一堂にご覧頂ける他、インディアンジュエリーショップ『LONGBRANCH』様にご協力頂き、ビームスではご紹介しきれないアイテムを豊富にご用意します。


これからの夏の時期には、アクセサリーで他の人と差をつけたいですよね!!


まだ入荷していない商品もございますが、一部商品をご紹介。。。




個人的にも非常に気になる、

Aaron Anderson(アーロン・アンダーソン)』です。


トゥーファストーンと呼ばれる石にデザインを刻み、その中にシルバーを流し込んで作るトゥーファキャストをジュエリーとして確立した、ナバホ族のアーティストです。ザラザラしたシルバーが特徴のアイテムが多数あります。


僕は、リングを狙っております!

マジでかっこいいです。。


続きまして、、




ビームスでも定番のアーティスト、

Sunshine Reeves(サンシャイン・リーブス)』。


兄のゲーリーと共に、ナバホ族のアーティストとして、有名なアーティスト。スタンプワークを得意としており、繊細でズレの少ない作品は非常に魅力的です。


別注のアイテムを含め、多数の商品をサンシャインはご用意してます!


続けます。




Orville Tsinie(オーヴィル・ツィニー)


こちらもビームスでは、お馴染みのアーティストです。

トンカチでシルバーの塊をたたきながら型を作る、ハンマーワークを得意としています。

サンタフェ インディアンマーケットという、インディアンジュエリーの祭典でも、毎年の様に賞を獲得している実力者です。


まだまだいきますよー!




Jason Takala(ジェイソン・タカラ)


ホピ族を代表する巨匠ですね!

オーバーレイ(2枚のシルバープレートを重ねて、上のシートにデザインを描いて表現する技法)を得意としており、インディアンジュエリーファンの中でも、評価の高い有名アーティストです。




真ん中の人と、迷路の様に施されたデザインは、【メイズ】と呼ばれており、ジェイソン・タカラの作品によく施されています。


メイズは、ホピ族の人生哲学を表しています。人生は迷路のようなものであり、選択一つ一つで変わり、最後には答えに辿り着くという意味があります。


面白いですよね。

高価な物も多いですが、一生モノとしてオススメです!


ざっと数人のアーティストをご紹介しましたが、、




他にもアーティストが分からない、アンティークの作品や、何かと話題のアーティスト、

Cippy Crazy Horse(シッピー・クレイジー・ホース)』なども展開!!


非常に見応えのある、イベントとなっております!



ここでご紹介したものは、ほんのごく一部。


6/10からのイベントでは、圧倒的なスケールで皆様をお迎えします。



是非、ご期待ください。