帰ってきたEMILIO PUCCI

鹿倉 朋子 2018.01.26

こんにちは。


もうすぐ2月。

雪が降ったり、冷え込んだりと

本格的に寒さがやってきましたね。


先日の雪で銀座の街も

あちこちに雪が残ったまま、冬の表情をしています。


温かな太陽が恋しいですね。

そんな中、BEAMS HOUSE WOMEN GINZAには

早速雪解けが起こりそうな

華やかな春の新作が続々と入荷中。


本日はその春の新作の中から

あの方が帰ってきましたのでご紹介します。


それは・・・




「プリントの王子」という異名を持つEMILIO PUCCIです!


貴族出身で政治家でもあった彼は

自身がデザインしたスキーウエアを

雑誌「HARPER’S BAZAAR」に載せ、

一躍有名になりました。


ちょうど私が入社した十数年前、BEAMSでも

PUCCIブームがあり、私も憧れたものです。


そんなPUCCIが当時のエレガンスはそのままに

BEAMSに帰ってきました。


それでは、EMILIO PUCCIの春のアイテムをご紹介。


まずは、




袖口にPUCCIらしいプリントのラッフルがついた

カットソー。




PUCCIのスカーフを彷彿とさせる

シルク素材のラッフルが


カットソーをさり気なく

上品に引き立たせています。


色違いはブラック。




袖口には赤系のプリントのラッフル。




ホワイトのクリーンな印象と違って

ちょっとエキゾチックな雰囲気ですね。


お次は、




何ともラグジュアリーなブラウス。


よーく見ると

2枚のスカーフを縫い合わせただけの

シンプルなデザイン。


ですが大人の余裕を感じさせる

洗練された一着に仕上がっています。


色違いは




オレンジ系。


どちらも明るい太陽にも負けない笑顔が

似合います。


他には

i phone ケース(i phone7と8に対応)




サンダルといった




小物もPUCCIらしい

ワクワクするプリントで

取り揃えています。



今でも私にとってEMILIO PUCCIは

憧れでもあり大好きな存在。


当時購入したスカーフやシルクのトップスは

今でも大事にしています。


是非皆さんにもEMILIO PUCCIを身につけた時の

ドキドキが止まらないあの気持ち・

ハッピーな笑顔がより輝くあの瞬間を

感じて頂きたいです!


GINZA SIXでお待ちしております。



BEAMS HOUSE WOMEN GINZAでは、

日々旬な情報をインスタグラムで発信中。


是非フォローをお願い致します!