5シーズン目のAK+1 by EFFE BEAMS

鹿倉 朋子 2018.03.23

こんにちは。


早いものであちこちで

桜の便りが届いてきていますね。


地域によって季節外れの大雪が降る等

不安定な天候が続いていますが


春はすぐそこまで来ていますね。



さて、本日は毎回好評頂いている

モデル・亜希さんのブランド、

AK+1 by EFFE BEAMSの

新作の第一弾がリリースされましたので


そのご紹介です。


5シーズン目を迎えたこの春、


亜希さんは今まで手にかけて育ててきた

アイテムたちを更に進化させたり、


これまでのコレクションと一緒に

楽しんで頂けるようなアイテムを揃えたり、


どのシーズンのAK+1 by EFFE BEAMSのお洋服たちも

長く愛してもらえるようなコレクションとなりました。



まずは、




昨年瞬殺だったスプリングコート。




それを、好評だったディテールはそのままに

シルエットと素材を進化させました。




襟を立ち上げてもさまになるような

襟裏のリブ仕様、


そして




袖をたくし上げてこなれ感を出すための

袖口のリブは前モデルのまま、


新しくしたのは


コットンタイプライターの生地。

より軽量化を図りました。




シワになりにくいのも嬉しいポイント。


全体的にシルエットをすっきりさせたので

ロング丈でもバランスが綺麗です。


そして、AK+1 by EFFE BEAMSと言えば

ロングのタイトスカート。




この春はベイカーパンツの

ディテールを取り入れた


カジュアルでメンズライクだけど

どこか女っぽい世界観のスカート。


サイドにアジャスターが付いている為




ハイウエストでもローウエストでも

穿けるのが何とも心憎いポイント!


ボーダーのニットと合わせても




どこか女っぽい、そんな大人の余裕を感じさせるのが

亜希さんのセンスなんです。


この春はこんなマニッシュな印象の




パンツもございます。




チャコールグレーにグリーンのストライプといった

メンズライクな生地を

そのままズバリなデザインにするのではなく


ノットディテールを取り入れたラフなデザイン。




このように




中の生地をわざと見せても粋です。




後ろはゴム仕様なので

穿き心地も楽ちん。


しかも麻混の素材なので、

しわを活かして穿いてもかっこいいですね。


さっきからスタイリングの写真に出てくる

黄色のニットもAK+1 by EFFE BEAMSのもの。




コットン100%でさらりとした着心地に

安心感を覚えます。




そして詰まった首元とラフなリブが

ヘビロテしたくなるくらいの

着回しの良さを物語ります。


暖かくなったらすぐに着たくなるアイテムが揃った

AK+1 by EFFE BEAMS。


是非、お手持ちのアイテムたちと一緒に

楽しんでくださいね!


きっと今までのコーディネイトが

ぐっと格上げする事間違いなし、です。


これから第二弾のアイテムも入荷してきます。


また揃った時にご紹介しますね!


GINZA SIXでお待ちしております。



BEAMS HOUSE WOMEN GINZAでは、

日々旬な情報をインスタグラムで発信中。


是非フォローをお願い致します!