モノ/コト

Satoshi Tsuruta 2017.10.10


20年近く前に
国境は越えても盛者必衰、と歌った
女性シンガーがいたっけ。


・・・・・・・・・・・・・・・・

こんにちは、Tsurutaです。
いよいよ秋冬シーズンも佳境に入りました。

インターナショナルギャラリー ビームスの
2017-18秋冬シーズンを象徴する
スタイリングコンテンツが
オフィシャルサイト内にUPされています。


※リンクはコチラ
http://www.beams.co.jp/feature/171006-m/

ロケ地はニューヨーク。

1980年代までは
夜中にひとりで地下鉄に乗るなんて
とんでもない、というほどに治安が悪く
荒れていたこの街も
1990年代に
マフィアのトップを次々に摘発し
犯罪率を激減させた
ルドルフ・ジュリアーニ市長の政策のおかげで
すっかりクリーンになったそうです。
少なくとも10年近く前に
初めてこの街を訪れた僕の目には
そう映りました。

昔、ウディ・アレンの「マンハッタン」で観た
“あの”ニューヨークとも
ポール・オースターが「スモーク」で描いた
“あの”ブルックリンとも違う景色が
いまは広がってます。

これはおそらく
ニューヨークに限った事ではなく
世界の主要都市はこの20年くらいで
劇的に安全で暮らしやすくなり
それと同時に
大幅に均質化してきたはずです。

どこにいっても同じレベルの暮らしが出来る。
どこにいっても同じレベルの買い物が出来る。
どこにいっても同じレベルの食事が出来る。

12年前に行ったベルリンは暗く寂しく
20年前に行ったロンドンは食事がマズかった。
少なくとも現在よりは。



グローバリズムの名のもとに
世界中の都市や文化は
インターネットを通じて
信じられないほど身近になりました。

物事には必ず両面があり
僕らはグローバリズムと引き換えに
受け取ったものと失ったものがあります。

ことファッションに関しては
イギリスの靴メーカーが
アメリカ風のシューズを生産し
フランスのハイメゾンは
アメリカンストリートブランドの
ロゴを拝借する現在(いま)という時代。

あらかじめミックスされた時代。

この根底には
日本人の功罪があると
個人的にはそう思っています。

日本人はもともと
「洋服」という文化を持っていなかった。
つい最近までは和服文化でしたので。

で、持っていなかったので
勝手にアレンジすることに抵抗が無かった。
カリフォルニアロールに対して
日本の職人が
「あんなものは寿司じゃねぇ!」
と怒ったとしても
寿司文化のないアメリカ人は平気である様に。



日本のセレクトショップは
海外の文化や衣服を輸入販売するのと同時に
オリジナル企画の製品を生み出しました。
その時点では世界中のどこにも存在しない
日本的な洋服を。

欧米には
この「セレクトショップオリジナル的」な
服はほとんど存在しませんでした。
確かにBrooks Brothersは
アメリカ版イギリス服でしたし
Marcel Lassanceはフランス版アメリカ服でした。

しかし日本のセレクトショップのオリジナルは
(例えば)アメリカとイギリスの良い所を取って
日本的に(フィット感などを)アレンジし
ハイブランドとロウカルチャーの良い所を絡めて
(中間的な)心地よさを提案してきました。

日本人は単一民族で皆が中流階級だったので。

そして、それらの折衷手法が
欧米に逆輸入された結果として
現在のファッション界は
日本的な編集型デザインやショップが
大流行している、という感じです。

世界は日本化しました。




97年にスタートし
セレクトショップの最新形態として
当時のファッション界を席巻した
パリの編集型ショップ、コレットですが
コレットオープンの一年前(1996年)には
渋谷にBEAMS TIMEが既にオープンしています。

BEAMS TIMEは20年前当時としては前例のない
コンテンツ(カフェ、雑貨、インテリア、
デザイナーズブランド、スーツスタイル)
が組み込まれた編集型のショップで
日本人のEdit能力が世界を捉えた瞬間でした。

それから20年が経ち
コレットが年内いっぱいで閉店することを
発表した2017年。

巷に溢れる編集型ショップや
日本的アレンジ型ブランドの時代は
次のタームを迎えようとしているのでしょうか。



今シーズン
インターナショナルギャラリー ビームスでは
幾つかの新しいブランドを仕入れ始めました。

パリにあるハンティング(狩り)専門店の衣類。
フランスの政府要人も信頼を寄せる
1930年創業の老舗シャツメーカー。

いずれも、グローバルに
ファッションナイズドされていないという意味で
地場の味がしっかりと残っています。



唯一無二のクリエイションを持った
コレクションブランドのアイテムと
ガラパゴス島のイグアナのように
時代の外を歩いてきたシャツ屋からは
ある意味で同じ「強さ」を
感じる事が出来ます。



当店では以前からその二つ
(伝統と前衛)を
並列に取り扱ってきました。

過去100年間作り方が変わらないものと
過去100年間誰も作らなかったもの。

それらは「相反するもの」ではなく
「同じもの」です。
ありふれたものではない、という点で
「同じ強さ」を持っているのです。

オリジナリティという「強さ」を。

例えばHEINRICH DINKELACKERの靴と
RAF SIMONSのコレクションピースを
天秤の両極に乗せると
ちょうど釣り合うような感覚です。



世界は急速に
変わりつつあります。
国境を越えても越えなくても
いずれは時代に追いつかれ追い抜かれる。
盛者必衰の理を超えてなお
永遠なのはスタイルです。

モノから(編集する、国境を越える)コトへ
というひとつの時代が過ぎ去り
僕らは再びモノへと回帰します。
スタイルのあるモノへと。

服屋で食事をするのが当たり前の時代。
当店にレストランは併設されていません。

強さとスタイルを備えた洋服が並ぶのみです。




Tsuruta