Evolution of Shape -ALBINO TEODORO-

島津 悠 2016.11.01


ローマに生まれ、幼い頃より車、デザイン、ファッションに興味を持った少年は13歳の時に大きな行動を起こします。当時、彼の住むローマの自宅の近くには世界的に有名なクチュリエVALENTINOの自宅がありました。それを知った彼は、デザイン画を描いては学校の帰りにVALENTINOの郵便ポストに投函したのです。そんなことを何度か続けたある日、VALENTINOは秘書を通じて彼にパリでクチュールの学校に行く事を勧めます。そして彼は、数年後そのアドバイスを実現させるのです。


今シーズンよりお取り扱いをスタートさせた<ALBINO TEODORO(アルビノ テオドロ)>。デザイナーを務めるAlbinoD'Amatoの経歴の始まりにはそんなストーリーがあります。50年代のクチュールメゾンの仕立てや色彩に大きく影響を受け、彼自身もパリでクチュールを学び、その才能を活かし大きなメゾンで経験を積みます。クチュールを追い求めてきた彼が実現したデザインは、ミニマルなディテールに加えられた独特なアレンジが大きな特徴です。それは、リアルクチュールと呼ばれ、日常の中に溶け込みながらも心を惹き付ける凝った細やかなディテールが、着る人を輝かせます。



2016年プレフォールのコレクションテーマは「Evolution of Shape = 形の進化」です。デザイナーが自らデザインするオリジナルファブリックを、自由な発想から生まれるシルエットにのせ、提案しています。上質で重厚な生地でボリュームを巧みに操って生み出される立体的なシルエットは、とても女性らしくエレガントです。また、上質なカシミアから光沢のあるシルク、金糸を織り込んだジャガードまで様々な素材を使用した幅広いスタイルも大きな魅力です。



シンプルながらも細やかなディテールが光るブラウスとスカート。光沢のあるブラウスの生地感と女性らしいボディを強調するスカートは、洗練された大人の女性らしさを演出してくれます。



大振りのボウタイが華やかなフワリとした表情のブラウスは、黒いパイピングが全体の印象を引き締め、バランスを上手く整えてくれます。体に沿う美しいラインのタイトスカートは、エレガントなドレープが立体的なディテールを生みます。また、ステッチから伸びる糸が大きなアクセントとなります。


フェミニンなムードのフリルカラーブラウスとクラシカルな丈感のプリーツスカート。



フリルカラーは黒いリボンが更にフェミニンなムードを高めます。ボリュームのある襟やターンナップカフスは、ニットとのコーディネートでもディテールをプラスしてくれるのでお勧めです。シンプルなプリーツスカートは、サイドのステッチから伸びる糸がモードな印象をプラスします。



透け感のある軽やかな黒と、金糸を織り込んだ華やかなジャガードのコントラストが新鮮なドレス。ダマスク織は英国エドワード時代からインスピレーションを受けています。バロックモチーフを品のある女性らしいシルエットにプラスすることで、モダンかつエッジの効いたファッション性の高いアイテムとなります。



ミニマルなデザインのバイカラーワンピースは、光沢感のある生地がタックによって陰影を生み、新たな表情を醸し出します。金属繊維を含む張りのある素材ながら、柔らかで肌触りのよい質感は上質なこだわりを持ったブランドならではです。



帯のようなリボンがモードな印象を引き立てるドレスは、しっとりと女性の体に沿う柔らかな素材と、光沢感のある素材とのコントラストが、気取らずドレスを纏うようなエレガントな女性にマッチします。



肌の見え方を抑えたフロントに対し、後ろは大胆に開いた背中が着る方の魅力を引き出してくれます。リボンで後ろにアクセントを置くのも印象が変わりお勧めです。



少し張りがある素材ですので、リボンの形がしっかりと出ます。また、表裏が黒と白の配色になっているので結び方によって表情の変化を楽しんで頂けます。



こちらのコートは、大振りな襟やフロントのタックによって生まれるボリュームが女性らしさを演出します。ロマンティックなムードを高めるピンクのカラーを、大きめの黒いボタンが印象を引き締め、大人の女性にぴったりなコートへと仕上げられます。華やかなボリュームですが、ダブルフェイスの生地を使用することで裏地を張らず軽く仕上げられており、デイリーユースしやすい一着です。


シャイで内気な彼は、平和と静けさ、そしてなにより集中力を愛し、物作りへの想いに忠実に行動してきました。紙に描かれたパターンをマネキンの上で何度も修正をしていきながら一つの洋服の形にしていきます。その工程で静かに真摯にデザインと対峙することで、洗練された洋服が完成へと近付いていくのでしょう。彼の創造する世界観は神秘的でロマンスに溢れ、そしてなによりモダンです。そんな洋服だからこそ、ただ美しいだけではなく「身に纏いたい」と思わせてくれます。身に纏うことで新たな自分に会わせてくれる彼を、私は敬愛して止まないのです。


Shimazu


-------------------------------------------

掲載アイテム

■65-11-0398 ボウタイ ブラウス ¥64,800(税込)

■65-27-1397 ドレープ スカート ¥66,960(税込)

■65-11-0399 フリルカラー ブラウス ¥53,000(税込)

■65-27-1398 プリーツ スカート ¥84,240(税込)

■65-26-2492 ジャガードスカート ドレス ¥122,040(税込)

■65-26-2493 バイカラー ドレス ¥106,920(税込

■65-26-2495 リボンバイカラー ドレス ¥135,000(税込)

■65-19-0443 ウエストタック コート ¥237,600(税込)