plenty of nuance

松本 あゆみ 2017.02.07

International gallery BEAMSでは、2017年春夏シーズンのコレクションが続々と入荷しています。



今回の主役は、2017年春夏シーズンも早速人気の<NEHERA(ネヘラ)>デザイナーのサムエル・ドゥリラの選ぶテーマは毎回とても知性に溢れていて、文字で読むと私には少し難しい・・・と感じてしまうほど。しかしその洋服を実際に見ると、感覚的に彼の伝えようとしていることがわかるような気がして、その知性とセンスの良さにいつも感激しています。今シーズンも期待を裏切らない、素晴らしいコレクションが入荷いたしました。


今回のプレコレクションのインスピレーション源は、フランス人アーティストの”セルジュ・ルタンス”です。1960年代からVOGUEやChristian Diorなどでキャリアを重ね、その活動はメイクアップアーティストからフォトグラファーまで多岐に渡り、「フランスの知性・哲人」とも呼ばれているアーティストです。彼を彷彿とさせるカラーパレットは黒・白をベースに、少しオレンジがかったブラウンやネイビー、そしてハッとするような赤やパープルです。

そこに柔道をはじめとする日本の美を取り入れた<NEHERA>のコレクションは、コーディネートすることで深みを増していきます。


さらりと着るだけで存在感のあるトップスは、ツイードの凹凸とフリンジがとても豊かな表情です。左のオフホワイトは春夏シーズンならではの軽やかさがあり、右のミッドナイトブルーはブラックとネイビーの糸をミックスすることでその存在感がより一層引き立ちます。首元が大きく開いたデザインは、クリーンな女性らしさを演出してくれます。


フリンジトップスに合わせたパンツは一見するととてもシンプルなアイテムです。


しかしウエストにはいくつものステッチが施され、柔道着の帯のようなディティールになっています。また、サイドにもステッチでラインが入っているので、さりげなくスポーティーな印象をプラスしてくれます。長めのレングスでルーズに着るのが<NEHERA>らしいスタイリングです。



ワイドなカフが特徴的なブルゾンは、リバーシブルで楽しんでいただけます。こちらのブラウンは、柔らかな印象ながらカフのブラックが全体をきりっと引き締めます。少し広く開いた首元がスポーティーなブルゾンに、エレガントさを加えてくれます。



ブラックはとてもマニッシュな印象です。こちらにはシルバーのジップポケットが付いており、デザインのアクセントになっています。異なる印象がコーディネートのイメージをどんどん広げてくれそうです。



<NEHERA>のアイテムはとてもシンプル。さらっと着るだけで女性を美しく見せてくれる魅力的なものばかりです。そして、スカートにパンツをレイヤードしてみたり、ベルトでウエストを絞ってみたりとアイデアを加えることで<NEHERA>の服はさらに魅力を増します。そろそろシンプルなだけのリラックススタイルでは物足りない方も多いのではないでしょうか。2017年の春夏シーズンは<NEHERA>の提案するように、少しアイデアを加えて新たなファッションを楽しんでみてはいかがでしょうか。


Matsumoto


---------------------------------------

掲載アイテム

■65-11-0507 ツイードクロップドトップ ¥59,400(税込)

■65-23-0393 ウエストフォルドパンツ ¥63,720(税込)

■65-18-0169 リバーシブルビッグカフブルゾン ¥124,200(税込)