「胡粉」ってなんて読むの?

フジイ 2017.10.10

「ごふん」です


ビームス ジャパン一階

藤居でございます


先日ご紹介しました

1751年創業の

京都の老舗の顔料屋 絵具屋

「上羽繪惣(うえばえそう)」ですが


様々な色のノウハウで

絵具屋としての誇りと

品質や原材料へのこだわりをもって

日本の女性を美しく魅せるべく

2010年より「胡粉ネイル」の販売を始めました



胡粉ってなに?


日本画の重要な白い絵具で

ホタテ貝殻の微粉末から作られる顔料のことです

その天然素材の良い部分を取り入れた「胡粉ネイル」は

有機溶剤を一切使用しておらず

「爪に優しく」

「マニキュア特有の刺激臭がなく」

「速乾性と通気性があり」

「アルコールで落とせる」という

水溶性ネイルです

(水藤という色です)


従来のマニキュアが使えない

妊婦や高齢者、病気療養中の方にも

おすすめできます

また

ホタテの貝殻に含まれる真珠層が

爪に美しいツヤを与える効果が期待できます


人と地球に優しい商品で

絵を描くように爪に彩りを与えたい

その成果が認められ

2015年にはグッドデザイン賞も受賞しました


従来のマニキュアとの違いは

乾く速さです

1〜2分程で乾きます

朝の忙しい時間にも適します


落とす時も

通常は除光液(有機溶剤)が必要ですが

胡粉ネイルは

消毒用などで使われる

アルコールで落とすことができます

(28色の取り扱いです)


詳しくは

ビームス ジャパン一階にて

03-5368-7314