高知ジャケット???

副田 崇 2017.04.14



こんにちは!




ソエダです!





私事ではございますが、

今年花粉症デビューしました。

毎晩鼻づまりで息が出来なくなって目が覚めるという地獄を味わっています。



ということで花粉症ルーキーのソエダ、

ルーキーらしくフレッシュに春を過ごしたいものです。





とはいっても、とても短いのが高知の春です。

桜が散ると一気に夏が近づいてきます。


昼間は暑くてTシャツ一枚でも過ごせる。

日が落ちてくるとまだまだ寒い。

この時期は着るものにも困りますよね。





そんな高知の春にオススメしたいのが、

コーチジャケットです。


ダジャレじゃありませんよ~



決してダジャレではないですからね!







<Champion><THRASHER> 別注コーチジャケット 

品番:11-18-3479

¥15,984(税込)




シンプルなデザインやナイロンの気取らない質感が、

これぞコーチジャケットといえる一着です。




袖にプリントされた<THRASHER>ロゴが効いてますね~

トレンドでもある90’sストリートのスタイルにも外せないアイテムです。









<orslow>デニムコーチジャケット

品番:11-18-3604

¥25,704(税込)




こちらはありそうでなさそうなデニム生地のコーチジャケット。

Gジャンやカバーオールなどのワークジャケットとは

まったく別モノの雰囲気を持っています。

良い意味でのユルさというか...



<SATURDAYS NYC>のサーフショーツと合わせてみました。

柔らかいデニム生地にはショーツがしっくりきます。









<The North Face Purple Label> 65/35コーチジャケット

品番:11-18-3544

¥27,000(税込)




コーチジャケットってスケーターのイメージがあって着づらいな~

という方はこちらがオススメです。

<The North Face Purple Label>の65/35クロスを用いています。




「65/35」とは生地の素材の割合のこと。

ポリエステルが65%、綿が35%という意味です。




ナイロンのテカりが抑えられたマットでぱりっとした生地感が特徴的です。

落ち着いた印象の一着なのでコーチジャケットに

抵抗のあったジェントルマンにもオススメします。










着心地の軽さ、さっと羽織れる手軽さ、

今着たいアウターNo,1です。



せっかちな気質の高知の人たちにもぴったりなアウターです!

さすがコーチジャケット!(ダジャレです)




皆さまのお越しをお待ちしております!






ソエダ