AMERICAN INDIAN JEWERY FAIR 開催決定

島向 将平 2017.02.04

ブログをご覧の皆様、こんにちは。


メンズカジュアル担当の島向です。


久々の更新ですみません・・・。今後はこまめに更新していきます!


毎回好評を博しているAMERICAN INDIAN JEWERY FAIRがビームス 静岡にやって来ます。


開催期間 : 2017年2月17日(金)〜2017年2月26日(日)


このイベントを心待ちにしていたお客様は多かったのではないでしょうか?

お客様同様にスタッフ一同、イベント開催が決まって興奮しております。



BEAMSが提案するインディアンジュエリーの数々を一堂にご覧いただけるイベントで、期間中は東京・広尾にあるインディアンジュエリーショップ「LONGBRANCH」様にご協力頂き、普段BEAMSでは紹介しきれないアイテムを豊富に販売します。

また、今回のイベントでは希少なターコイズを贅沢に使用した“Special Turquoise Collection”も届けします。



数あるインディアンジュエリーの中から、少しご紹介させて頂きます。


まずはこちら、Aaron Anderson(アーロン・アンダーソン)>


今シーズンの一押しである、ナバホ族のアーティストでトゥーファストーンと呼ばれる石にデザインを刻み、その中にシルバーを流し込んで作るトゥーファキャストをジュエリー、宝石として世界に確立させた事でも有名。


BEAMSでは、昔からインディアンジュエリーに使われてきたモチーフであるイーグルをアウトシェイプで表現してもらい、高いデザイン性と独特な立体感のある作品を別注で用意しており、作品全てにアリゾナ州のキングマンウェブターコイズを使った数量限定のスペシャル仕様となってます。



次にご紹介するのは、こちら。

BEAMSではお馴染み<Jason Takala(ジェイソン・タカラ)>


ホピ族を代表するアーティストでオーバーレイの巨匠。彼のオーバーレイはアイコンにもなっているメイズに代表されるように、カットの細かさと14金などとの組み合わせが美しく見る人を魅了します。


さらに彼の作品にはパターン(型)がなく、感情やイメージで一つの作品を作り上げるため様々なモチーフが組み合わされ、その時によって少しずつ違っていて同じ作品は滅多にないというのが特徴でジュエリーを通してホピの魂や文化を表現しているのです。


いかがですか?


少しでも興味を持って頂けたら幸いです。

数ある作品の中から自分に合ったアイテムを選び出すのは、本当に一生の宝物になる事間違いないです!!


今回は男性アーティストの紹介でしたが、次回は女性アーティストを紹介したいと思います。


乞うご期待ください。