オオクボリュウ・宮澤謙一(magma)「GRANDMOTHER」トークショー

小川 喜之 2016.11.21

とても好評をいただいている現在開催中の「GRANDMOTHER」展。


急遽、トークショー開催が決定しました!


「GRANDMOTHER」展開催を記念しオオクボリュウ、宮澤謙一(magma)両作家による作品解説を中心に、二人の共通項や、今回なぜ二人展を開催することになったのか、など「GRANDMOTHER」展をよりお楽しみいただけるトーク内容になります。


日時:11月26日(土)17:00〜19:00

定員なし、予約不要、入場無料


オオクボリュウ / Ryu Okubo

イラストレーター・映像作家。幼少期をアメリカ・ルイジアナ州で過ごす。2011年にアニメーションで制作したヒップホップグループ PSG の「寝れない!!!」が話題となる。イラストレーターとして雑誌 POPEYE、BRUTAS、TRANSIT、Number 等で挿絵、細野晴臣の著書、ボブディランのディスクガイドの挿絵、BEAMS TでのTシャツデザインを手がける。映像ディレクターとしては斉藤和義、後藤正文(ASIAN KUNG-FU GENERATION)、group_inou、快速東京、D.A.N. のMVをいずれもアニメーションで制作。その他東京メトロ広告、MTV、SPACE SHOWER TV SPOT やショップの内装アートワーク、ライブでの映像演出等、手描きのイラストを生かした活動を展開。http://ryuokubo.jp/


宮澤謙一 / Kenichi Miyazawa

2008年よりアーティストユニット“magma”として活動。樹脂、廃材、モーター、木などを様々な素材を使ってコラージュする。キネティックアート・オリジナルプロダクツの制作を主とし、他、舞台美術、アナログロボット、什器など幅広く手掛けている。近年は、ゆず「終わらない歌」Music Video(SPACE SHOWER MUSIC AWARDSにてVIDEO OF THE YEAR 受賞)の美術、アリーナツアー“TOWA”ではタイトルデザイン、ステージセットに美術作品を提供。木村カエラ、サカナクション、きゃりーぱみゅぱみゅなどの Music Video にて美術を手掛け注目を集める。他、ファッションブランド FACETASM とのコラボレーションによるアクセサリーの制作や、keisuke kanda 新宿店の店舗内装、東京ミッドタウンで開かれた「NHK E クリ」(2014)にてE クリハウス・什器の制作、「TOKYO DESIGN TOUCH 2014」に作品提供するなど活動は多岐に渡る。原宿の ROCKET で初個展「SHOCKTHEWORLD」(2010)、2016年に池尻大橋の VOILLDで「SYMVOL」(2016)を開催。http://magma-web.jp/